マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

タグ:戦闘

【朗報】ブリルエン、いるかとして生まれ変わる!
((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアアまたハシディムのプレミアム多段攻撃を相手にするのかよ……騎士団も普通に食らってるし!!これはまずい!! ブリルエン直々にかかってこいよ!

ベルテンエリート…師匠が手こずっている「アBヴェロンの橋」をやってみた
ベルテンミッションのアBヴェロンの橋ことアヴァロンの橋をやってみました。Bが全角なのがまたじわじわ来るwwwベルテンミッションでは経験値を獲得できるレベルの上限が設定されているそうですが、週末フィーバータイムについてはベルテンエリートミッションでレベルが

キャラバン・ジョー救出ミッション(イージーでもきつい)
兄弟のせいにするキャラバン・ジョーを救出??(クシャクシャの通行証には笑えないほど汚い字で文章が書いてあった。)このまがまがしいジョーが昇天している通行証。ハードは影ミッションエリート相当ということで実は初日に「ハード」をやってみたのですがね…

2回も死んだけどアイスボルト昇段SSランク
ダメージソースというよりはダンジョンのネズミを素早く駆除するのによく使うスキル。威力が上がるにつれてゴブリンやラゴデッサも1発で倒せるようになり、快適に進行できます。アイスダメージは火と電撃属性の敵に有効……あれ??どうもグランビルの色が影世界のものと違う

モクルカルフィとジャイアントワームと焚き火
アヴァロンには巨大な顔面が落ちているだけでなく地面から指が突き出している場所もあるんですね…… 私たちと行動を共にしてくれると心強いですが…押しつけるわけにはいきません。もし行動を共にしてくださるなら…。アヴァロンで待っています。待っています。じゃなくて…

師匠、レインボーを受け取り「仙人さん」と戦う!
師匠が高出力レインボービームソードを装備しました!!「ネギ」よりも攻撃力が高いです!凝縮された光を限られた空間に閉じ込める事に成功した錬金術の結晶体。色によって性能に違いがある。出力を大きく高め、更に強力な性能を発揮する。(染色不可)!?知らなかったwww

G24インキュバスキング&エアレンプレミアムセット人形カバン、ペット戦闘経験値ボーナス50%増加
ついにペット育成がはかどる人形カバンが来ました。「ペット戦闘経験値ボーナス50%増加」はパートナーにも適用されます。(主人が獲得する経験値の)25%が50%増加して37.5%が入ります。「絆の糸」には適用されません。正月の福袋でもっとお得に購入できる“かも”しれま

師匠、挑発ミッションへ行く!
G21では挑発ミッションをクリアする必要があるらしいですね!?師匠はaspirinのG21より進んでしまったのですが、GよりSの相手をすることで忙しいので最近ぜんぜん進んでいませんwww><G=GENERATIONS=SISYOUまさか十余年ぶりに師匠とタッグを組むとは……

制圧戦の防護壁をペットに殴らせて特技発動ゲージチャージすればいいのか
前田慶次「壁は 打ち返してはこないからな」これはいいズェwwwaspirinは敵を倒し、ペットは防護壁を攻撃し、敵はペットを攻撃し、人形カバンはアイテムを拾う。美しいコンビネーションww 制圧戦なら毎回「絆の糸」を発動させることができるぞ!

ハシディムの魂の直撃wwww
おおアヴェリンが勇敢に断罪(笑)を準備してくれている!ところがハシディムの前にはジャッジメントブレイドも無力であった……コンパスみたいな足でチクチクチクチク歩く不気味なハシディムからとりあえず離れます。墓地の外に移動して騎士団が勝手に戦ってくれるのを待ち

ルウェリンが分析を終わらせるまでもう少し耐えてみよう!
       ____         / ̄ ̄ ̄\        /___ \      /  ___ ヽ     /  |´・ω・`|  \    /   |´・ω・`| \ みんな~    /     ̄ ̄ ̄   \  / _,    ̄⊂二二)    |  i          

巨大ライオンVSフィニーフィン「中途半端な憎しみ」
フィニーフィンの毛を気持ちいいって言ってくれたけど…ご主人様はあまり好きじゃない?中途半端な憎しみは、わりとガチの憎しみでした…… へえ?変なの!小さな人間、変!!フィニーフィンには鏡を見せたほうがいいのかもしれません。

キュルル(Str999)敵のカウンターで撃沈
((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア今回は絶対いけると思ったのにwwwwwポカミスのせいで最後の最後でカウンターの返り討ちに遭いました……ダメだった…デッドリの相打ちで負けて一瞬で外へ放り出された……この「ラッキービーストの映像確認ミッション」は要領がわかると楽し

    このページのトップヘ