マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

センター

前回、反響の大きかった「Windows Inkの無効化」の記事で大事なことを言い忘れていました。



ペンタブレットの読取可能範囲の縦横比は従来16:10というWUXGAに合わせた設計になっていて、1920x1200のモニターを使用していると最大限に活用できていました。
(縦横比というか「横縦比」ですねwww横×縦の表記が一般的なので)


ところがグラフィック業界で標準とされていた16:10の規格は一般には普及せず、16:9というフルHDや4Kのモニターがほぼ定着しました。

私も以前はフルHDのモニターを使用していて、ペンタブと縦横比が違うのでどうしてもデッドスペースが気になっていたのですが……


いざ16:10のモニターに新調したのに、なんか変だぞ?ってなったんですよ……
読み取り可能範囲

ペンタブの読取可能範囲は311.0mmx216.0mm

はい。



10:7

数字に強い人ならこれを見てすぐに16:10ではないことがわかるはずです。


ちょっと計算してみると……


10:7に近い比率です。




1つ前のモデル

実は1つ前の機種までは16:10だったのに、





新型

2017年に発売されたモデルは16:10でもないし16:9でもなくなっていました。
Smallは2019年に追加されたモデルで、これだけは16:10なんです。


どうしてこんな奇妙な仕様になったのかというと……


paperedition

「ペーパーエディション」といってA5またはA4の物理的な「紙」をセットして使用できるペンタブレットだからです。


そう!


描画エリアはモニターではなく用紙サイズに合わせてあるのです!


厳密にはA4でも「レターサイズ」でもない微妙な比率です;;


A4

A4用紙が完全に収まるなら広くていいんじゃないの?と思われるかもしれませんが……


A4の縦横比と一致しているモニターは存在しません。

したがって縦横比を合わせるとデッドスペースが生まれてしまうのです。



ワコムタブレットのプロパティ

縦横比の保持

必ず「縦横比を保持」にチェックを入れてください。


そうしないと真円を描いても楕円になってしまうんです。
ペンを縦と横に動かしたときとで線のストロークが変わるので、思うように描けなくなります。




Intuos

Deco

ちなみにほかのペンタブ…Intuosやうさうさとささやんのおまけ付き(´∀`)(おまけ付きとはいっていない)XP-PENは16:10です。

おまけがない(´;ω;`)


ほとんどのモニターは16:9なのになんでペンタブが16:10なのかほんと謎wwww


とにかくペンタブとモニターの縦横比を合わせる設定にしましょう。

センスラボ(XENCELABS)のペンタブは16:9です。





これが限界w

1ピクセル単位で調整しましたが……Wacom Intuos Pro Lはこれが限界のようです。
デッドスペースを最小にすることによって描画エリアを最大に利用できるようになります。



意味不

「ペン先リリースアシスト」という機能は、ペンを離したときに生じる1~2ピクセルの座標のズレを補正するものです。

漫画の専門用語でいうところの「入り抜き」が上手くいかなくなることもあるので無効にしたほうがいいかもしれません。

余談ですが「ゲーミングマウス」でもこの手の機能は妨害的に作用することが多いため、基本的に補正を行わない高精度センサーが採用されています。






なぜスタンドやケースが?

なぜペンタブのペンにわざわざスタンドや収納ケースが付属されているのでしょうか?

ペンを買うたびに不要なスタンドがついてくる。
持ち運ぶわけでもないのにケース?




ペンタブのペンは鉛筆と違って「精密機械」であり、筆圧や傾きを検知するセンサーが入っています。



ペンスタンド

専用スタンドをよく見ると、ペン先の周囲で支えて芯の先端が接触しない構造であることがわかります。

普通のペン立てや適当な箱に入れておくと、常に芯が圧迫されてセンサーに負荷がかかり、故障の原因になるからです。


ペンタブのペンは必ず専用のスタンドに立てるか、転がらないところに「寝かせて」保管するようにしてください。

さもないと1年に何回も買い換えることになりますwwwwww


豪華な収納ケースがついてくるのも同じ理由で、センサーを保護して落下の衝撃を和らげてくれます。


ペンタブふきふき

ペンタブの掃除に専用のクリーナーはありません。
水で軽く湿らせたマイクロファイバークロスを使うときれいになります。
しっかりと固く絞って水滴が落ちないようにするのがポイント。


fukifuki

ペンタブを逆さにして軽く叩くか、ボタンの隙間をエアダスターや刷毛で払ってからクロスで拭きます。


汚れがついた箇所をペンでなぞると傷がついてしまい、描線が乱れたりポインタが飛んだりすることもあるので、ときどき手で全体をなでて表面を確認し、常に異物のないクリーンな状態を保ちましょう。
ペンタブは黒色のものがほとんどなので異物を目視するのが意外と難しく、深い傷を発見するのも遅れがちです。

使用しないときのペンタブは垂直に立てかけておくのがオススメです。
ワイヤレスはケーブルの取り回しを考える必要がないので出し入れしやすいです。
くれぐれも「おぼん」代わりに物を置かないようにしてください。
陶器の茶碗でこすると傷がつきやすいですよ。





あすさんはLargeサイズですが1.3kgと重く手に持って描くのが大変なので700gのMediumのほうがいいかもしれません。Sは450gです。
片手でペンタブを持っていればデスクやモニターとの距離を気にせずに作業ができます。
プロペン2の芯は驚異的な勢いで摩耗していくので注意してください。

うさうさのおまけがない(´;ω;`)Deco01 V2は芯がぜんぜん消耗していないそうなのでよさげです。

16:9がよければXENCELABSが候補になりますね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事へのコメント

0 フンイキー 2021年00月00日 --:-- ID:manabinogi
私はフンイキー!ただのムードメーカーよ!
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

    このページのトップヘ