マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

臨時メンテナンス

ああ…先週もあったのに再び臨時メンテナンスがやって来ました。



レトロワールドからやって来た臨時メンテナンス……





風船割りだけでなくマギグラフィと試練の洞窟にも問題があったんですね。

おそらくすでにマビノギクライアントのフルパッケージファイルは修正されています。

問題の起きていた時点でダウンロードしておいたファイルを実行するのではなく、
新規にダウンロードしてからインストールを実行してください。


実は以前にもまったく同じ問題が起きたことがあり、ユーザー側でできる対策も講じられていました。

「正常に起動できているPC」からマビノギのクライアントパッケージを持ってくる方法。

C:\Nexon\Mabinogi\package
にある
446_full.pack
のファイルをコピーし、正常に動いてないPCの同じディレクトリに保存。

いつも通りにクライアントを起動すると必要なパッチファイルがダウンロードされ、正常にスタートできるようになる。

しかしよくわからない人はこのような操作をしないほうがいいです。

サポートを装って悪意のある誰かに有害なファイルを渡される可能性がないとは言い切れないからです。
これは解決能力の有無というより情報リテラシーの問題です。

私の言っていることもまずは疑ってかかるくらいの慎重さをお願いします。







クライアントを起動してログインすることはできてもスタートができない問題に関連して、
以前ほかのゲームで経験した「原因」を思い出しました。


起動してシングルプレイは普通にできるのに、オンラインでマルチプレイを試みると一向に接続されないというものです。


ホストを交代してもつながりません。


原因は「ポート開放」でした。

常駐するポート開放ツールの挙動が原因で弾かれている状態だったようです。

相手がそのようなツールを使用していると、お互いに接続が確立されなくなります。


よほど古いゲームや訳ありのソフトでない限り動作に必要なポートは自動的に開放されるのですが、新旧さまざまなソフトを入れて使い続けているパソコンだと、そのあたりの状況がわからなくなりがちです。

今どきポート開放を意識することはほとんどないはずなので、これが原因ということはなさそうですが、用が済んだツールは動作を止めたほうがいいでしょう。




ルーターやセキュリティーソフトのファイアウォール設定によって接続できなくなる可能性もあります。Windowsには「ファイアウォールとネットワーク保護」という機能があり、基本的に最初から有効になっています。

何か新しいアプリケーションが通信するとき、画面に警告のようなものが出ると反射的に「キャンセル」や「許可しない」を選んでしまうかもしれませんが、許可してやらないとシステムはしっかりブロックし続けます。

当たり前ですが、許可をしない限り許可はされないということです。



Windows Defenderのファイアウォールは原因ではなさそうですね…
NGM(Nexon Game Manager)はあってもマビノギらしきものはリストに見当たりません。

まったく別の原因ですかね??



このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事へのコメント

0 フンイキー 2021年00月00日 --:-- ID:manabinogi
フンイキーが師匠になってあげますよ!
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

    このページのトップヘ