見る側にとっての関心事は何であるかを考えることが重要。

絵を見る側というのは、「これはどんな画材で描いたのか」とか「何時間かけて描いたのか」などといった、
描く側の事情を特に気にはしていないということが肝心です。

描く側のエゴイズムが反映されるわけではない。

デッサン(写実性)を評価したり重視したりするのは、実際には描く側の人間であるから、
見る側にとってそのようなアピールは「どうでもよく」、少なくとも最重要課題ではないのです。

見る側が「こういう絵が見たい」「こういう絵が好きだ」と思っているのであれば、
描く側はそういう絵を描くようにすべきなのです。
需要を無視して、描く側の趣味や好みを押し付けるような絵を描いているのなら、
同業者、つまり描く側からの評価はあっても、見る側からの評価は期待できなくなります。

前回の記事でも書いたように、自分がどんな絵を描いても必ず評価されるとか、
実力も実績もないうちから「ある」と思い込むといった心理の起こる背景には病気のあることもありますから、
自己評価と現実の評価があまりにもかけ離れている場合は、精神科の診察を受けたほうが賢明です。

(゚∀゚)カエル!