マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

タグ:生活

温度差はユーザーから生じている
 困り事や悩み事に直面したとき、一番いい解決の仕方というのは、実は誰でも当たり前のように実行しています。 そのごく自然にとられる行動こそ、最も合理的で、最も少ない労力で、最も楽なものだからです。 しかし逆に非合理的で、重労働で、過酷な仕方を選んでいる人が

新マップ「カブ港」実装!
 まさに灯台下暗しといった新マップ「カブ港」の登場です。 さらに今後はこの港から、船での移動もできるようになるとか!? とありますが、それまでマビノギが続いているのか本当に心配です。 ハウジングの実装やサポートショットの調整に数年間を要したこと、また不正

ホワイトハーブの採集にはやっぱりハーブ豚
 毎日ペッカダンジョンに行くのでない限り、ハーブ豚から採集するのが現実的です。 合成スキルで他のハーブを作る材料にはなっても、ホワイトハーブそのものを作るレシピは存在しないため、実はけっこう重要なアイテムだったりします。 しかしランダム合成でベースポーシ

小麦粉大量発注
 前回、ケイティンの食料品店アルバイトの報酬でもらったクエスト「小麦粉大量発注」を慎重かつ自主的にこなしてみました。 このクエストの何がおかしいのか、数字に弱い人でも理解しやすいように比較してみます。 どういう意味かわかりますよね…?

グリニスはアイバよりもひどいことが証明された。
 まさか、こんなことになるとは思いませんでした。 グリニスが恐ろしい報酬を用意していました。  マビノギのアルバイトを真剣にやってはいけないという暗黙の了解は熟知していましたが、実際にやってみると泣きたくなりますね。   さあゲームの始まりです。

“強いことの弱さ”
 強くなること自体は悪くなく、一刻も早くそうなりたいと願うとしても何ら不思議ではないものです。 でも強くなろうとすると、避けることのできない弱さが現れる場合があります。

左手の装備の色によってキャンプシェアリングの皿と料理の色が変わる…
 どうしてこうなった… 左手に持った皿の色を見てください… 見ただけで食欲のなくなる料理ですよ……… 左手に装備している矢の色が原因のようです…… 一人で食べる料理は格別においしいですね。

悲しすぎる一人キャンプシェアリング
 いつからかキャンプシェアリングにエモーションが追加されています。 料理の皿を手に持ち談話をしているかのようなしぐさです。 でも、一人でやったときの孤独感はマビノギ史上最高レベル。 どうしてこうなった……って光景に見えます。 よい子はまねしないでね(・ω・`)

下半身の痩せる温泉はないようだ…胸を大きくするには…
 ルワイが書いたものなのかどうかはわかりませんが、日本語でおkの温泉があります。キュリリン~キュリリン~ キュリー婦人~ ( ゚д゚ ) 「筋肉減少温泉」は上半身が痩せます。腕や胸が細くなります。 「ダイエット温泉」は体重が減ります。全身の丸みが少なくなります

ペットの苦悩
 オオカミ系のペットは犬から攻撃される。 あのおとなしい「犬」が狂暴になり襲いかかってきます。ターゲットの円は表示されるものの攻撃を加えることはできず、カウンターアタックによる反撃のみ可能です。 影ミッションの受諾ができない。 影ミッション掲示板をクリッ

【微エロ注意】はいてないように見える画像
 人間の目が普段、いかに真実ではないものを見ているかがわかる実験をしてみましょう。 決してエロではないのですが、人間の目の錯覚でエロに見えてしまうので、閲覧する際は注意してください。 もちろん単なるエロではなく、学術的な観点で扱っています。

タワーシリンダーを背負って釣りをすると不安定そうに見える…
 タワーシリンダーが背中にある状態で釣りをすると、このように座り込んだ際の体勢がとても不安定そうに見えます。どう考えても後ろに倒れますよね。 シリンダーはおそらく総金属製なので相当な重量があるはずです。 もちろん釣果への影響など皆無のはずですが、目当ての

幻惑の演奏で「!!」を出してもアクティブ化しないモンスターがいる
 すでにアクティブ化しているモンスターには効果がありませんが、スキルランクとモンスターの戦闘力によって幻惑の可否が分かれます。 演奏者との距離はあまり関係なく(2000?)、強いモンスターほど幻惑するのに時間がかかり、少し離れていても弱いモンスターのほうが優

アルバイト用素材の生産経験値は通常のものより低い…
 モンスターやアルバイトの報酬だけでなく、特定のアイテムを「生産」することで経験値を獲得できるようになりました。 「自動生産」にチェックを入れずにまとめて生産してしまうと、1回分の経験値しか得られないので注意してください。 「アルバイト用の**」は一律で経

    このページのトップヘ