マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

タグ:ペット

転生ポーションイベント、既視感のあるボタンと過ごすイベント
「転生ポーションイベント」実施のお知らせ転生ポーションイベントというイベントが始まりましたが……真っ先に目に飛び込んできたのがこちら。この既視感あふれるインターフェースは!!!!!!そう!!アイテム争奪!釣りイベントでさんざん迷惑をかけたあの魚ボタンです

ヘイルストームの残影のほうがよほど「怖い」と思う
たまにヘイルストームの冷気がずっと残ったままに見えることがあるんですよね。なんだか無数の人の顔のように見えてしまって……恐ろしい……((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア適当にマルをつけただけで心霊写真になりましたよ!!ヘイルストームなんてまともに使ったためしがない

古いコイン300枚とチビ幽霊アルフィーの笛を交換
「僕だって怖い幽霊になりたい!」イベントは相変わらずバッドエンディングが続いています。あと2週間ちょっとしかなく、自力でコンプリートできないのではないか心配です。古いコインが300枚を超えたので交換することにしました。コインの説明には「倒れかけた廃屋」と書い

触っただけで重傷…ダンジョンの噴水が痛すぎる
ダンジョンでときどき見かけるこの噴水。どきどきしながら触ったろ!┏━━≫llll≪━━┓ ┃    / \   ┃ ┃  /    \ ┃ ┃    (゚)(゚)ミ  .┃ ┃   丿   ミ  ┃ ┃   つ  (   .┃ ┃    )  (    ┃ ┗━l■l━━l■l━┛

崩れかけた廃屋の裏に猫がいっぱいいる!!
初めは誰かのペットだと思っていたのですがよく見たら名前も何もないのでハロウィンの特別ゲストであることがわかりました。墓地に集結したさまざまな猫。尻尾を伸ばしたままちょこんと座り警戒心のない猫たち。飼い猫が尻尾を伸ばしたまま鎮座していると誤って踏んでしまう

ダルのスクーター×ふんわりロールケーキ帽子
かねてよりダルを運転手とするのではなく二人乗りの車両にしてほしいと願ってやまなかったスクーターですが、ふんわりロールケーキ帽子とサイドカーのアンバランスな大きさに注目……二人乗りのような演出をしてみることにしました。

…きこえますか…マノリンです…マカジキを…持ってくるのです…
(……きこえますか…きこえますか…釣り人の…みなさん…マノリンです…今…あなたの…持ち物を…こっそり…のぞいています…アイテム争奪!釣りイベントでは…期間中…マカジキが…釣れません…あなたが…持っている…マカジキが…父の…釣りたがっていた…唯一の…獲物で

ヒタヒタの体長が5.8cm増えて、合計81.0cm大きくなった!
やっと50cmの大台を突破したぞ!!このペット、オットセイはオットセイなのですが、なにオットセイかわかりますか?・鮫ローブオットセイ・白クマ帽子オットセイ・クリスマスオットセイ・とんがり帽子オットセイオットセイ種類多すぎwwwwwwwwそのうち「ハロウィンか

ジャイアントは「飛行する乗り物」((((⊂(´∀`o)⊃))))飛ぶゾォ!
人間・エルフに呼び出された綿あめほうきは標準的なサイズなのですが、ジャイアントの場合は非常にビッグになります。ジャイアントに呼び出されたほうきには人間も乗ることができますが、人間に呼び出されたほうきにジャイアントが乗ることはできません。大は小を兼ねるとい

大量のお菓子に大盛りの雑炊…食欲の秋イベント?
「魔法の雑炊」イベント実施のお知らせお菓子のテントの中ですら「フクロウ食券」を何枚も拾ったので食欲を失いますよこれはwww食欲の秋にしてはやりすぎ??秘密だらけのお菓子の島、魔法の雑炊、そしてハロウィンにはどうせまたお菓子と、立て続けに食品の出てくるイベ

彡(癶)(癶)「ミニゲームで名指しで注意されやがりましたのよ」
これまた異様に情報量が多いというかキャラもペットも装飾の一部と化してしまっているように見える擬態(?)の光景がありました。イメンマハの街灯のこの部分が相変わらず不敵な笑みを浮かべた顔に見えます。(´@ω@`)

甘酸っぱい綿あめほうきにはゴミを探す能力がある
心の友、ペットに出会えるチャンス。クッキー魔女の大親友、甘酸っぱい綿あめほうきに会いましょう。あら(´・∀・`)クッキーの魔女じゃなくてクッキー魔女になってるよ(´・∀・`)くどいようですが「笛」で作成するペットの名前でひどい経験をしました。今はきちんと確認のフ

“ミニ”じゃない特大サイズのスイカミニドール
スイカを一心不乱に叩いていましたら「スイカミニドール」という直球のアイテムが出てまいりました。さっそく呼び出して(使用して)みると……やけに大きいんですわね。これでミニドール……スイカミニドールは2個のスイカが主人のあとをついてくる、ペットのようでペットで

    このページのトップヘ