マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

タグ:ダンバートン

シークレットレシピを交互に受けたからクエストが未達成
今日はなかなか勇気が出ない。今日も私を応援してくれない?こんなにもカップルがいたなんて!もっと頑張らなきゃ!「真実の愛の力」と「嫉妬は私の源」のレシピを交互にこなしたせいでまだ5回手伝うことができていません\(^o^)/っていうか何を手伝ってるのこれwwww邪

嫉妬深い愛のシークレットチョコレートレシピイベント…むずい
これは難しい!ただでさえタイミングとコツの要求される「料理ダンジョン」が今回のイベントの舞台です。代表キャラクターの選定をミスったかもしれないwww等級がハードでなかなか大変。タイミングとハートだぜ?高得点を狙うよりは、このおいしそう(?)な食材を眺めて

出席リレーゆたかめぇ…
出席リレーはパッシブなイベントではないからキャラバン・ジョーに会って代表キャラクターを設定しないといけません。ちょっぴり特別で、ちょっぴり奇妙なプレゼントを用意しました!ハハハ!……そんなこと言って…どうせ大したプレゼントじゃないんだろ!?ゆたかめぇの笛

巨大なクリスマスアーチを視認できる範囲が狭い
これは気になりますねぇ…なんかネリスの名前が変なところに表示されてる…ネリスは玄関だった…?それとも窓?ネリスのおうち……ダンバートンの門が見えますが、そこにあるはずのクリスマスアーチが消えています。奥の樹木ははっきりと見えるのにどうして??

×正月の装飾の開始 ○お正月の装い
ダンバートンに門松が置いてあるじゃないですか!!■ 街がお正月の装いになりました。やっぱり正月じゃないか!!タラ城壁に集まるって城壁どこだよwww街やればいいじゃないwwwあんなくそ重たいマップに行きたくないけど\(^o^)/

フェスティア強引イベントのためにフェッシのテントは撤去されたのだ
そういうことだったのか!!フェッシは自分のテントを畳んでガチャガチャというビジネスを始めたんだ!このほうが儲かるからね!!5等景品が2つあるのが気になるが……フェスティア強引イベントこと、新規才能アップデート「破滅の輪」記念 エリンに集え!&フェスティア福引

ワクワクが止まらない…ちょっと止めてみよう
ワクワクが止まらないキャラバン・ジョー< ゚д゚>キムチの名言「ワクワクさんがいるならテカテカさんもいる」によると…テカテカが止まらないキャラバン・ジョー、あるいはテカテカが止まるキャラバン・ジョーも存在しうることになります。アンチエイジングの時期ですね……(0゚・

テロップも流れるクリスマスの設置物が設置されました🎄
去年はなんにもなかったクリスマス。今年はありまぁす!定期メンテナンス後にログインしてさっそく目に飛び込んできたのはテロップの文字でした。クリスマスの設置物が設置されました。設置物が意思を持った!こうやって知らせないとクリスマスに気づかない孤高のミレシアン

彡(゚)(゚)「チェーンスラッシュ…チェーンってことは格闘術みたいなもんやろなぁ」
(゚▽゚)「無知(鞭)だよ!w」いきなり鞭を打たれてしまいましたが12月20日に「破滅の輪」アップデートがあるそうです。🔗12月20日新規才能実装決定! ティザーサイト公開のお知らせさっそくダンバートンのイベントサポーターキャラバン・ジョーを訪ねると……

5個を集めて黄昏の崇拝者に持っていっても相手にされなくなった混合物
全三章のクエストを終えて胸の高鳴りを覚えた黄昏の崇拝者はもう光と闇の混合物には興味を示さなくなりました……胸の高鳴りが過ぎて動悸や息切れがする……これが本当の病みの欠片5個を集めて黄昏の崇拝者を訪ねると光の欠片と闇の欠片に分解してくれる。はずだった……  

オ~!!これはほんっとファンタスティック!ベリーファンタスティックよ!
オ~!!これはほんっとファンタスティック!ベリーファンタスティックよ!これ、本当にアタシにくれるの?シモンに10.0cmのルビーをGIVEしました。ベリーハァンタスティックよと喜んでいます。真顔で興奮するのやめーやwwwww

この顔でこのセリフ…光と闇イベント
見た目と会話の内容が合っていないような気のする黄昏の崇拝者。いつものキャラバン・ジョーではなくこんなやる気のなさそうなNPCがイベントの案内人です。君は光と闇、二つの存在のうちどちらに近いのだ?実は光と闇は水と油の関係ではない。光があるからこそ闇があり、闇が

移動速度増加3%の柔らかいガチョウの羽根…体感でわずかに速い!
あいにく隣のお嬢さん(ケイリン)からはもらえず、隣のお嬢さんからもらった蛍さんにもらいました柔らかいガチョウの羽根。硬いガチョウの羽根もあるのか気になります。移動速度増加3%キタ━(゚∀゚)━!前回、意味があるかどうかわからなかった1%の羽根とは違うのでしょうか?

    このページのトップヘ