マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

タグ:スキル

レベル100ラグリンネの音楽スキルがほぼランク1
ひたすら影ミッションに同行させてレベルを上げ続けたラグリンネ。レベル100でメロディーショックのランク4を除いて、すべての音楽スキルがランク1になりました。アタックが練習ランクのまま育たないため最大生命力が伸びず、モンスターとまともに戦わせることはほとんどでき

条件を満たせば特殊楽譜の効果も発動させられるラグリンネ
ラグリンネパートナーには楽器はもちろん楽譜をプレゼントすることもできます。執事パートナーの販売している特殊楽譜を楽器演奏で発動させられるのか、実験してみました。「豊かな時間」の効果を発動させるには音楽知識ランクB以上が必要です。

彡(゚)(゚)オーク樽…ジャンプして避けたろ!
【GIF】_______________ ||        /:::::::l   l:::::::',        || ||     /:::::::/     '.,:::::::\      || ||   /:::::::/      \:::::::\    || ||_/:::::::/ ./∩Y∩ヽ ..\:::::::\_|| ||:::::::

こんな低火力スキルでギルガシのフィニッシュを!?
まさか自分がフィニッシュするとは思っていなかったので画面を上手くキャプチャーできませんでしたが、「火力」ともいえないようなスキルでもフィニッシュを取れてしまうんですね…!いったいこれ どうな  て

初心者キャラ(累積1000レベル未満)で呼び出した妖精ディナシー
累積1000レベル未満のキャラクターに呼び出されたペットには「ナオの祝福」というステータスボーナスがつきます。最大ダメージ210!!!!とてつもない強さだ!!Str+70Int+50Dex+30Will+70Luck+30というナオの祝福!

ライトアーマーマスタリ7ランクでアクセサリー2個着用可能
壁際で多数の敵から連続攻撃を受けると……地面から数メートルも飛んでしまうことが。ヘビーアーマーマスタリに続いてライトアーマーマスタリもトレーニング中!まさかこんなスキルに印章を使うのは……いや使ってもいいんだけど……ひたすら近接、魔法、遠距離攻撃で打たれ

エンシェント モンスター 軽鎧でLuck40増加
最近ひたすらぐるぐる周回しているポウォールコマンダーを退治IIの報酬で古代のエンチャントスクロールが出ました。いやー報酬の中身は昔から変わってないんですねwwwただ自分の火力が上がったから戦闘は楽になりました。だって6年前のハードの影ミッションなんてソロはお

天灯祭り一日クエスト5回達成で「アスコンのお礼」発生
5人のNPCに天灯をあげるのではなく、1日1回のクエストを5回、つまり5日行うことで新しいクエストが受注されます。この「天灯祭り一日クエスト」をこなした回数がどこにも記録されていないため、何がクエストのフラグとなるのか最初はわかりませんでしたね。5回目を達成した直

コマンダーのライフドレインは危機脱出で解除できるんだね
シャドウコマンダーの(かつての)指揮官っぷりがすごかったwwこちらの火力が貧弱だったころは大変で大変で……ペットの「コブラ」に特攻させてとにかく毒のダメージを与えるのに必死でした。おまけに無敵になるライフドレインまで使いやがるから……

4歳100レベルの妖怪ディナシーが強すぎるwwww
4歳で100レベルになった妖精ディナシーのスマッシュ!!強い!!!!!スマッシュのクリティカルヒットが1000ダメージを超える!!これはもはや妖精ではなく妖怪なのではないか!?主人であるaspirinのスマッシュ!!!!……は?せいぜい625……これがスマッシュ練習ランク

フローラもディナシーもマジックシールドの位置が妙に高い
サポートプログラム - ユイが気まぐれに発動するマジックシールドはプレイヤーが使用するものと違って騎乗中でもエフェクトが見えます。地上にいるときはキャラクターの高さにシールドが張られているのに、妖精フローラに騎乗すると不自然に上昇する……

メディテーションの状態表示アイコンが虫っぽいwww
メディテーションスキルはほとんど使う機会がなくなってしまいました。マナリカバリーというスキルでアクティブにマナを回復できるからです。この虫のようなアイコンは何なのかと思ったら……メディテーションの状態表示でしたwwwwww

ヘビーアーマーマスタリ3ランクでアクセサリー2個着用可能に
アクセサリーなんか1個装備できれば十分だと思い9ランクで止めていたヘビーアーマーマスタリスキルですが、やっぱり2個装備したいので再びトレーニングをすることになりました。※GIFトレーニングなど造作もない。ひたすらネズミの攻撃を受けるのみ。

    このページのトップヘ