マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

カテゴリ: モンスター

私の友人(本物)を紹介しよう...
 「挑発」のエリートは制限時間もかなり危ういミッションです。 もじもじしていると30分以内にクリアすることができません。  コマンダーの「友人」こと巨大硫黄クモが固い固い……  クラッグカウ、シャドウファイター、シャドウウォーリアx3を順番に一人ずつ戦う場面

幻惑されてもちゃっかり召喚するキア上級のゴーレム
 大ざっぱに言うとaspirinから見た強さ表示がSTRONGのモンスターなら確実に幻惑できます。AWFULはできるものとできないものがいて、BOSSはまったく不可能です。 キア上級のすべてのモンスターを幻惑することが可能で、バグベア、ゴーレム、ジャイアントライトニングスプラ

ツチブタと犬は敵対関係にある…
 ケルラベースキャンプ周辺のツチブタを誘導し、「犬」にまとわりつかせると…  ツチブタが犬に襲いかかります。しかも1:1属性がありません。 犬のほうが強いのでまず負けることはないものの、複数のツチブタが執拗に攻撃を繰り返すと死ぬこともあります。 多数が少数

ハードのケルベロスの攻撃は相当痛い
 実はこの前はエリートの「ポウォールの襲撃」しか行ったことがなく、そのときはケルベロスの攻撃が弱かったので、ハードのダメージに驚きましたよ…。 マジックシールドを使用していても3回連続で食らったら殺されかねない威力があります。生命力が高ければ平気ですが…。

クラッシュショットの効果的な使い方
 魔方陣(生贄)のような次々とモンスターが出現する場面では、もっとも弱い敵か、あと少しのダメージで倒せる敵を狙うのが効果的です。 強い敵を狙うと、一発で倒せる場合はいいのですが、生き残った場合はターゲットされてしまうため、準備時間の遅いクラッシュショット

ケナイサバンナの「象」を幻惑してもタイトルは得られなかった
 「サキュバスを誘惑した」タイトルは取れたのに、「野生動物の調教師」は取れませんでした。さすがに万能なスキルではないようです。 象は体が大きいせいか、幻惑にかかった際に表示される光の玉がよく見えません。 象は幻惑の演奏後、アクティブ化するので要注意です。

全身無属性の装備にしたらアイスワイバーンの攻撃が強烈になってしまった…
 カリダ探検キャンプにもっとも近いアイスワイバーンのみをターゲットとした熱気球空中戦の定番の一つとして、全身9箇所の装備に氷属性を付与し、チェーンキャスティング発動の改造を施したファイアワンドを持ち、ワイバーンからの氷属性のブレス攻撃を1ダメージに抑えつつ

エンチャントスクロール『富裕な』pre:E、「巨大白オオカミ」ドロップ
 ティルコネイル南側の野原に現れた「巨大白オオカミ」を倒したところ、エンチャントスクロールをドロップしました。ワクワクしますね。 富裕な (prefix:ランク E) 帽子にエンチャント可能 Dex 7増加 という、生産者向けの手軽に貼れるエンチャントのようです。 今回、

「あああああ…」かわいそうなアラクネ
 氷漬けにされたあげく鉄砲水の猛攻を浴びるアラクネ。 道中のモンスターのほうがはるかに対処しにくいというハードモードアルビ上級ダンジョンでは、ある意味、ボスが一番の癒し系となっているのです。 アラクネを取り巻く6匹の青毒クモは同ダンジョンのモンスターと比較

ビーパーがデッドリー…“行動不能の体勢のまま”浮遊した瞬間
 どうしてこうなった… 表現が非常に難しいのですが、ビーパーはダウンしない特性を持つモンスターで、通常の体勢と「行動不能の体勢」のいずれかしかなく、ダウンした体勢から復帰するモーションがないためか、いったんデッドリーになるとおかしなことになります。 これ

なぜかスケルトンよりも純粋なスケルトンに見えるスケルトンオーガ
 演劇ミッション「エイヴォンの守護者」に現れる認識の遅いモンスター、スケルトンオーガです。オーガが骸骨となったものだと思いますが、オリジナルのスケルトンよりもスケルトンらしい姿に見えます。 装飾が一切なく、武器も防具も身につけていない裸のスケルトンです。

ダンジョンのボスモンスターさえも幻惑可能に
 倒さなければならないモンスターが消滅したり、自分が移動不能に陥ったりして事実上、進行できなくなってしまう深刻な不具合の起きる恐れがあるため、今のところ「ネタ」としてしか使えない幻惑の演奏スキルですが、かなり強力なモンスターでも幻惑することが可能です。 

初フィアード上級ダンジョン、中級4人よりも短いがモンスターは強化されている
 フィアードダンジョン──精霊の呪いによってできたとされ、現実は富士山麓の青木ヶ原に位置しているその樹海は、かつてaspirinが自らの骨を埋める地として毎日、通い詰めていたこともある曰くつきの場所であった…。 C4で祭壇の背後の扉が開け放たれることを期待していた

【要注意!】戦闘力の低い「ビーパー」は最優先で幻惑の演奏にかかるが…危険度極大
 出現するたびに私の中の人が「うをっ」と声を上げてしまうほど怖いモンスター・ビーパーはタラの影ミッション『また別の錬金術師たち』と『パルホロンの幽霊』に気まぐれに出現します。 浮遊して目からビームを撃たれたら死を覚悟しなければならないこともある、まさにポ

ランク7と6でレッドサキュバスを幻惑できず、ランク5で可能に
 イメンマハのヒーラー・アグネスが『スマッシュスキルにやられた男の人は、顔が腫れることが多いですね。どうも、皆ラビダンジョンでやられたみたいです。なぜでしょう…?』と、その治療の経験を語っているように、ラビダンジョンには暴力的なサキュバスが待ち受けている

初級のスノートロールが「ドラゴントゥース」をドロップ
 紙の羊の異様な外見と、無言のまま突然カサカサと音を立てながらシェイクスピアの舞台を縦横無尽に歩き回るその不気味な動作におびえながらグローブ座にたどり着いた私は、まるで成功しない台本の中から唯一完成した「エイヴォンの守護者 初級」を持って劇場の中に降り立っ

強化はされてもアルテマは使えない盗賊ゴブリン
 C4のアップデートでフィールドボスが強化され、ちょっとやそっとの攻撃では倒せなくなっています。といってもドラゴンやワームに匹敵する強さではなく、普通に生命力が高くなっただけのような感じなので、恐れる必要はありません。 古くからエリンに生息し、ときどきダン

tanasinnに魅入られたかのようなエルシノアネズミ
 グローブ座に住みつき、新しい王の頼みとエイヴォンの守護者の演劇の舞台に登場する、今までにない、生気を失った目をした恐怖のネズミが現れます。 紙の羊、紙の蝶、紙の魚、紙ではないオウム、そしてネズミ… ネズミというよりは……

    このページのトップヘ