マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

カテゴリ: ダンジョン

チェスのルール無用なクィリン城地下ダンジョン
 このダンジョン、かなり難易度が高めです… チェスのコマをかたどったモンスターには顔や手足などが一切なく、このような物体が襲ってくることに心理的な嫌悪感さえ覚えます。 複数ターゲットのモンスターが多く、特に黒い「ルック」は異常に高い防御力(250?)を持って

初フィアード上級ダンジョン、中級4人よりも短いがモンスターは強化されている
 フィアードダンジョン──精霊の呪いによってできたとされ、現実は富士山麓の青木ヶ原に位置しているその樹海は、かつてaspirinが自らの骨を埋める地として毎日、通い詰めていたこともある曰くつきの場所であった…。 C4で祭壇の背後の扉が開け放たれることを期待していた

つるぺた鏡の魔女を倒し『ヘイルストーム』スキルを習得。「氷の旅」クエスト
 スチュアートから氷を制御する新しいスキル『ヘイルストーム』を習得するため「氷の旅」クエストを受け、アイスワーム20匹とアイスワイバーン20匹を倒した一行は、最後の難関、つるぺた鏡の魔女の待つパルー雪花結晶遺跡へと向かった──。 クエストには「氷の魔女」と書

ひとりでラビ下級ダンジョンを、ミスなくクリアした熟練戦士に贈られるタイトル。
 「ミスなくクリア」というのは、ボスを倒す瞬間だけでよいという『熟練した』タイトル。 インベントリに「黄金の卵」が入っている状態で、ラビ下級ダンジョンのボス「レッドサキュバス」を倒せば獲得できます。最近、値段が高騰気味の「サンダーの本 第4章 [魔法の活用]」

    このページのトップヘ