マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

ある頼み

週間指令だか一日指令だかでギルガシを討伐しないと進めないのかと思っていたら、
いつの間にか「神の騎士団」が再開されていたようです。

スピンオフかなにか?


直接会って話したい事があります。タルティーン

にく来てください。

にく来てください。


「!!!!!」シュババババババ(走り寄ってくる音)




どこw

不思議の肉のaspirinが来てやったぞ!
チャプター情報

チャプター情報ってのを見ればよかったんだwwwwwwwwww

こんな便利な機能があったのか???
いつの間にかG20が進行中になってた!!

G20もG21も神の騎士団のチャターだったのか。





えええ

ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?

いきなりいろんなタイトルが分かりました……

↑わかってない






にくを呼んだトルヴィッシュ

すぐ来てくださいましたね。
aspirinさんにお願いしたい事があり、至急お呼びしました。



とあっては駆けつけずにはいられません。








ええ?

以前にも話した件ですが、まだ覚えていますか?



?

(……?)







巷の

巷の「噂を調べる」事も我々アルバン騎士団の任務の一つだ
…という。



もうその任務一筋でいいんじゃないの?
ゴシップ騎士団www







黄金のオーラ

最近、人間の死体が「黄金のオーラ」によって
蘇ったという妙な噂を耳にしました。



つながりましたね。



黄金のタレといえば肉!







ゾンビ…

死体が蘇ったのなら…
通常のゾンビとさほど変わらないかもしれませんが、




黄金のタレ

黄金のオーラによって蘇ったというケースは今回が初めてなので
どうも怪しいです。




エバラ黄金の味とコラボ来る??





墓地

噂の詳細を把握するために
騎士団の何人かがタルティーン墓地付近を調べ回りましたが、





無駄足

これといった手掛かりを得られていません。


まったく無能な連中だな。
aspirinさんに任せなさい。







肉の目撃者…

それに、唯一の目撃者は
相当なショックを受けたのか、正常な証言を期待するのは難しい状況です。



…………


たしかにゾンビの焼き肉ではショックを受ける………






ゆっくり時間を

わたくしの経験上、こういう場合はゆっくり時間をかけて調べれば
何かを発見する可能性が高いです。



そう、年単位でね。







人手不足

しかし現在は騎士団の全メンバーが別の任務に取り掛かっており
人手が足りていない状況です。



全メンバーが????
じゃあトルヴィッシュは………







ちょいちょいw

…そこで、我々騎士団と協力関係にあるaspirinさんに
タルティーン近辺の捜索をお願いしたいと思います。



ちょいちょいちょいちょいwwww


騎士団と協力関係にないミレシアンもいるってことか?????
G19にはバッドエンドもあったのか……





断る

もちろんaspirinさんが断るなら強制するつもりはありません。
ただ、これだけは覚えていてください。




なに!?

んん???

メインストリームが選択肢によって変わる????








無理ぽ

(今すぐは無理だと伝えた。)



うむ…

うむ…そうですか。



??????



なんか一瞬トルヴィッシュの好感度か評判が下がったって出たような……








そらそうよ

しかしaspirinさん以外に、この仕事の適任者はいないと思いますが…。


そら(ギルガシとサシで対決すること以外だったら)そうよ




でも「ゆっくり時間をかけて調べれば何かを発見する可能性が高い」って言っておきながら、
調査を始めるにあたって慎重な態度を示しただけで好感度が下がるのはおかしい。






下がったような…

なにわろてんねんwwww

こんな笑顔のトルヴィッシュ初めて見たwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. Eel
    • 2019年07月26日 20:31
    • あーそういうタイトルね(・ω・`)完全に理解した
    • 0
      • 2. あすさん
      • 2019年07月26日 21:30
      • >>1
        >Eelさん
        \わかってない/
      • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

    このページのトップヘ