マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

帰ってない

妖精のみんなが村へ帰りました。
村が5レベルになりました。



妖精どこwww

妖精どこwwww



M6rK

公式の画像はコラだったのです……
このコラ画像はネタに使おっと。

今回は村へ帰った妖精の絵が追加されていくと思っていたのに、
以前と何ら変わっていませんでした…www
距離がww

特に距離が煩わしい薪割りを行い、シャープ!を発見します。







手が痛いw

そりゃ失敗しますわ

手も痛いが顔と膝も痛い。







※薪割りのGIF動画
薪割り

薪割りをするのにどうして斧を2回振り下ろすのか謎ですwwwww

1回でパカッと割るよね? パカパカ行商…(゜ー゜*)。・:*:・ポワァァン


……


シャープ!が茶色の汚物にしか見えない……








燃え上がれww

採集速度増加ポーションを飲んで
🔥何か採集したい欲求が燃え上がり始める。🔥






見た目

少し休んでから薪を割ったほうがいい




いきなりサボるなwwwwwwwwwww








ドラゴソw

ドラゴンどこだよ







高級薪

ヽ ・∀・ ノ ヤター!

高級薪がHuge Luck Bonus!!(^o^)ノ イエー!








薪用斧を修理

薪用斧を修理したほうがいいンだわ








トイレシー

トイレシーと呼ばれるトレイシー。

ファーガスに教えてもらった修理の腕前を披露。








あほくさw

はい解散



新品の薪用斧を5000ゴールドで売っているくせに、
なんで同じ耐久力を直すのに2万4240ゴールドもかかるんだ。

新品を買って祝福をかけて使い捨てたほうがいい。








帰ってない

50回発見するのに薪用斧を丸2本使いました。

3本用意しておけばまず問題ないでしょう。








耐久力20

………

「丈夫な」をつけ忘れているぞwwww

丈夫な薪用斧ではなく薪用斧……
耐久力は20もあります。通常は12。








現場検証みたい

ハードが血痕に見えるため現場検証のような妖精5人組ミニドール。
ハードってなんだwwハートだwwwハードコア……おこわ…

イタズラ好きな妖精5人組のミニドール。




…が、特に何か悪さをされたわけではありません。

強いていえば動作遅延が起きていることくらい。

……深刻ですねw







幼虫w

フェスティア噴水台、ぐるぐるダンジョンアトラクションミニチュア、これまでの設置物。








たくさんの薪

そしてたくさんの薪が集まりました。








幼虫の村の物語

幼虫の村には誰もいない……
ただ立派になった廃墟が乱立するのみ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. 柴谷阿笶子
    • 2019年04月08日 19:38
    • そっか!薪割りもありなんだ!

      明日からやろう♪
    • 0
      • 2. あすさん
      • 2019年04月09日 00:18
      • >>1
        柴さん
        離れすぎないようにパカパカしてくだちい(((o(*゚▽゚*)o)))
      • 0
    • 3. こおしん
    • 2019年04月09日 19:50
    • 薪割りは、1回目振り下ろしたときに薪に斧をめり込ませて、2回目は薪ごと持ち上げて振り下ろして割るのを見たことがあります(`・ω・´)
      マビの薪割りがそのつもりで複数回やっているのかは謎ですが・・・!
    • 0
      • 5. あすさん
      • 2019年04月10日 00:18
      • >>3
        こおしんさん
        そんな技術があったとは\(゚∀゚)/
        複数回やって失敗するのが謎ですねwww
      • 0
    • 4. Eel
    • 2019年04月09日 19:53
    • 一発目で薪がデッドリーになって二発目でとどめを(・ω・`)ナンデモナイ
    • 0
      • 6. あすさん
      • 2019年04月10日 00:20
      • >>4
        Eelさん
        薪のライフが尽きれば採集成功とされる…(´・ ω ・)
      • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

    このページのトップヘ