マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

ダンバートン

近代化された世界では電球はおろか蛍光灯の明かりを目にすることも少なくなり、
LEDや有機EL照明に取って代わられています。

エリンにはそんなものはない


誘導用ライト??

と思ったらケミカルライトみたいなものは存在するんですよねwww




暖色系街灯

太ましい柱の先端で輝くつつましくも勇ましい街灯。

この暖色系の明かりが気に入っています。
色温度

白熱電球やナトリウム灯のような光。落ち着きます。

ナトリウム灯を見ても落ち着かないけどねwww








たいまつ

!?

たいまつの光のほうが明らかに色温度が高いです。

これは相当な高温で燃えているんですかね?








暖かい

こっちの電球色のほうが好みだな……








炎

たいまつに近づくとブラーというかハローが表示されて炎が見えにくくなります。

少し離れると自然に見えます。











ダンバートン周辺って意外と暗いですよ…










暗すぎる

特に南のガイレフへ向かう道には照明がありませんwwwwwwwwww

省エネではあるが防犯の観点ではちょっと……








タラ

意外なことにタラの街灯も暖色でした。
水銀灯みたいな冷たい光だと思っていたのに……

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. Eel
    • 2018年10月05日 22:13
    • モンスターがあちこちにいる世界なので、沢山街灯を置くのは大変なのかも(・ω・`)看板は気合で置いた
    • 2. あすさん
    • 2018年10月06日 00:11
    • >Eelさん
      そうですね…街灯には燃料が必要ですし点検もしなくては…
      ミレシアンが釘ほしさに叩きまくるから大変です
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

    このページのトップヘ