マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

アルビ中級4人ダンジョン

 広い索敵範囲と移動距離の長いモンスターに慣れるまでは非常に難しいアルビ中級4人ダンジョンですが、この中ボス「巨大白クモ」がアローリボルバーの本7ページ、ボス「巨大赤クモ」が8ページをドロップするため、人間キャラクターで弓使いを目指す人は何度か通う必要があるかもしれません。

 8ページについてはタラで開催される競売と、秘密任務「地下水路の秘密実験(中級・高級)」報酬でも入手できるそうですが、こちらのダンジョンが選択肢になることのほうが多いでしょう。



 累積レベル1桁の人から5桁に届きそうな人まで存在するマビノギでは、ダンジョンの難易度について説明するのがとても難しい状況です。
 今回の記事にも不十分なところがあるかもしれません。


 大ざっぱにいうと、アルビ中級4人ダンジョンを「初心者4人」で攻略するのは無理だと思います。
 ここでいう初心者とは、スキルも操作法も敵の特徴もよく知らないが、アルビ一般ダンジョンはクリアできた戦士4人組とします。


 ダイアウルフ系は反応が早いだけでなく、プレイヤーから非常に離れた位置を動き回る性質があるため、敵の習性を理解していないと攻撃を加えることすら困難です。特に戦士(近接)ではダイアウルフを追いかけることで振り回され、玉砕覚悟のアタックになりがちです。


 灰色ベアウルフには近接攻撃を自動防御するヘビースタンダーがあり、これもアタックすると危険です。
 負傷率が高く、ヒーリングだけでは回復しきれないこともあります。


 赤黒クモは一度に出現する数が多く、あっという間に複数の敵が反応して襲ってきます。
 このダンジョンの中では弱いモンスターですが、数が多いので脅威的です。


 ウィスプは初心者にとっては指折りの強敵といってもいいでしょう。
 高い保護のためにダメージが通りにくく、カウンターでは防げないライトニングボルトを使用し、追撃を行うこともあり、スマッシュの威力も強烈です。
 「ウィスプ語」についてはまた別の機会に。


 青ヒグマはこのダンジョンで最も脅威となるモンスターで、パーティーを全滅させられる原因のほとんどがこいつです。
 フィールドで見かけるクマと一緒にしてはいけません。離れていてもすぐさまこちらをターゲットし、1匹だけでなく2匹が同時に突っ込んでくることもあります。生命力が高く、戦闘が長引きやすいうえに突然ターゲットを変えることもあるので、仲間との連携を乱されることもあります。


 巨大クモはアルビ一般ダンジョンのボスですが、中級ダンジョンでは最も危険性の低いモンスターに成り下がっています。
 狭い部屋に何匹も同時に出現するので、単純に敵の強さと難易度が一致しない、かなり特殊なケースであるといえます。


 巨大白クモは1階の最後の部屋で2匹出現します。
 巨大クモとは比較にならない強さで攻撃力も非常に高く、また間合いを見極めるのも難しいため、連携をする際には細心の注意を払わないと、攻撃のタイミングを間違えてあっという間に全滅させられることもあります。






 ……と、改めてモンスターを考察してみると、実に難しいダンジョンだということがわかります。

 ここでは「ソロでも楽々という上級者」は考慮しませんが、いったいどのくらいのレベル(実力)があれば適合難易度といえるのかを現在のマビノギの仕様に基づいて導き出そうとすると、昔に比べて考察そのものが難しくなっていますね。


 というのも今回「戦士」と一くくりにしましたが、実際のところゴーレム錬成や防護壁、ハイド、ストンプといったスキルを使うこともできる(種族やゲームの進行の度合いによる)ので、その組み合わせしだいでは難易度はずっと低くなる可能性があるのです。


 たしかに近接攻撃のみでは難しいダンジョンです。
 そこへボルト魔法、レンジアタック、ウォーターキャノンといった遠隔攻撃を取り入れると、もはや「戦士」という分類そのものがあまり意味を成さず、「そういう戦い方をすればいい」と考えたほうがよくなります。


 だからといって戦士、弓使い、魔法使い、錬金術師、(商人)の中からバランスよく4人を集めても、それが先に述べた「初心者」の条件であるなら、やはり攻略は不可能に近いです。


 「将来の希望」というものにこだわっていると、実は非常に難しくなってしまうのがマビノギなのです。

 というのも、「戦士」だとしても「アイスボルト」という魔法スキルはほぼ必須だからです。
 この点を理解している人は「当たり前」とわかるのですが、どうにも将来の希望のムービーが誤解を与えていて、そのシステムが実装される前のプレイヤーに比べてスキルの縛りが激しく、柔軟性を欠いた戦い方になってしまっていることが散見されています。

 この点については、もう少し初心者の動向をうかがった上で改めて考えることにします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

0 モルクァン・ジョー 2020年--月--日 --:-- ID:manabinogi
コメント。する。
モルクァン。きえる。
(コメントしていただくとモルクァン・ジョーは消えます。)
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

この記事へのトラックバック

    このページのトップヘ