マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

トピックス 「これといって意識していない」というところがミソで、ギルドというものの実体はないが、ギルドに相当する、あるいはそれ以上に便利なもの(概念)はすでに実装されています。

 携帯電話が各社とも「家族や友人への通話料」を割引したり無料にしたりするサービスで顧客を獲得することに力を注いでいる一方、
 「家族間の会話は、昔から無料です
 というキャッチに衝撃を覚えた人もいるのではないでしょうか。

 これは電話機や通信回線を介さずに会話を行うこと、つまり「一家団らん」のコミュニケーションに言及しているわけです。


 「会話が無料」という当たり前のことも、いざ顧みてみるといろいろ考えさせられることがあると思います。




 ギルドで集まり合っていつも楽しく遊んでいる人がいる一方で、その空気に溶け込めず、「何を話せばいいか」「何をすればいいか」で悩み、独りでいるときよりも苦労が多くなってしまった人もいます。


 どのようなギルドにも「独自のルール」や「習慣」というものがあり、そのようなものはないといっても、やはり何らかの形でギルドを特徴づける要素があります。

 特徴を一切持たないギルドは、いまだかつて見たことがありません。



 ここでギルドがいいとか悪いとかを考えているわけではありません。


 ギルドには便利な機能や働きがたくさんあり、まだ十分に生かしきれていないものもあります。

 ギルドで集まり合うことによってプレイ意欲が促進されることもあれば、逆に各自の魅力がスポイルされ、かえって気まずくなることもある、ということも事実なのです。

 決して悪意を持って接しているわけではないのに、結果として熱意が冷めてしまうのであれば、それを無視することはできないでしょう。




 それはちょうど携帯電話の通話で、「無料通話があと○○分しか残ってないから手短に話してよ」と相手に負担をかけさせるのに似ています。

 しかし無料通話の範囲で済ませるのは賢明なことです。
 長く話せば料金がかかってしまうのですから。

 とはいえこれを純粋なコミュニケーションとして考えてみると、とても不自然であることがわかるでしょう。


 この「不自然さ」がギルドにはさまざまな形で表れていることが多いため、それを解消するために解散したり、また新たなギルドを立ち上げたり、合併したりと、いろいろな工夫や対策が講じられているというわけです。





 個性の異なる人が何人か集まれば、いいこともあれば悪いこともあります。
 それはシーソーのようなもので、常に動き、互いに調整の求められることなのです。



一人じゃ跳べない!

 それは一人ではできません。

 「シーソー」は本来、跳ぶための遊具ではありませんが…w







 シーソーで遊ぶにはキットを購入し、ある程度の空間で使用する必要がありますが、会話はチャットだけでできます



 こうして考えてみれば、ギルドに代わるものは昔から存在していたし、それはたとえ課金が切れてもなくなることがなく、とても自由度の高いものであることがわかるでしょう。










 腹筋もいいですよ(関係ない)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

0 キャラバン・ジョー 2019年--月--日 --:-- ID:manabinogi
エリンではイベントガイ、こちらではコメントガイのキャラバン・ジョーが読者の皆様にお礼申し上げます!
コメントのツリー表示に対応いたしました!
(コメントしていただくとキャラバン・ジョーは消えます。)
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

この記事へのトラックバック

    このページのトップヘ