マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

いわゆるメモ 「Intから導き出される魔法攻撃が影響する」と表現したほうが正しいです。




Intと魔法攻撃の関係

 というのも、ステータス(キャラクター情報)で確認できる「魔法攻撃」は必ず整数の値をとるものの、実際には小数点以下の値があるため、マウスオーバーで表示される「魔法攻撃1当たりダメージが 1%ずつ増加する。」という説明は厳密には正しくないからです。

 上の画像の例では魔法攻撃は「42」と表記されていますが、実際には「42.55」になっています。
 けっこう大きな違いになることがわかるでしょう。

 Int / 20

 というのがより正確な魔法攻撃(魔法防)の値となります。

 Int 1につき魔法攻撃0.05増加ということです。



 しかし…


 将来の希望やレベルアップ時のステータス増加の様子を見ればわかるように、どうやらステータス自体にも小数点以下の値があるようで、あるときには増加せず、あるときには1増加、またあるときには2増加するなどのパターンがあるため、真に正確な値を見極めるのは難しいと思われます。


 食事(料理・食べ物)一つでステータスの表記上は確認できないわずかな量が増減し、それでキャラクターの戦闘力も変化し、モンスターの強さランクにも影響を与えるという話を聞いたことがあります。

 現在の仕様でもそうなのか、それとも整数に丸められるのかは、ちょっとわかりません(´・ω・`)






 ただ!!ちょっとこれは改善してほしいと思うのは、

電撃ダメージ 40~150

 スキル情報にある、実際とはあまりにも異なるダメージ表記についてです。

 これをそのまま読むと「最大で150ダメージ出る」と思いがちですが、




電撃ダメージ311

 実際に使用してみると、クリティカルヒットでもないのに311ダメージも出る…

 150と比べたら2倍以上の数値です。

 40~150と書いてあるのに、どうしてこのようなダメージが出るのでしょうか。



 これは、スキル情報には「スキルそのもののダメージ」が書いてあるのであって、使用者のInt(魔法攻撃)やボルトマスタリやエンチャントの効果はまったく計算されていないためです。

 魔法攻撃やボルトマスタリはその数値とランクに応じて「%」で増加し、ダメージ増加系のエンチャントは装備しているものの合計のうちいくらかが加算されます。

 錬金術のスキルでも顕著に違いが表れます。

ファイアダメージ 21~42

 フレイマーというスキルは、極めた近接や魔法使いが驚くような高ダメージを出せるのですが、スキル情報では21~42とこれまた驚くほど低い数値になっています。

 錬金術師を目指す人に「フレイマーがお勧めだよ!」と教えても、この数字を見て「弱いwwwwランク1で42とかwwww」といわれてしまうことが非常に多いです。

 実際にはこれにシリンダー補正(ファイア、ボルケーノ)、アルケミマスタリ、ファイアアルケミマスタリ、火属性錬金術ダメージ増加エンチャント、タイトル、チャージ数、ヒット数…といった複合要素がかかってくるため、恐ろしいほどのダメージを発揮できるようになります。





 このような仕様ですから「スキルそのもののダメージ」だけでなく、「そのキャラクターが実際に使用した場合のダメージ」をわかるように表記してもらいたい…ということです。

 さまざまな強化補正のある現在のマビノギにおいて、それがよくわからないままでいるのは少し不親切です;

 計算に強い人は暗算や、エクセルなどの表計算ソフト等を使って求めることもできるのでしょうけど、できればゲーム内でしっかり確認できるようになったらいいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

0 モルクァン・ジョー 2020年--月--日 --:-- ID:manabinogi
コメント。する。
モルクァン。きえる。
(コメントしていただくとモルクァン・ジョーは消えます。)
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

この記事へのトラックバック

    このページのトップヘ