マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

マナビノギ 誰しも物事の開始直後は初心者で、すぐ熟練者になるわけではありません。略奪団もそうですね。交易の最初は「未熟な略奪者インプ」しか出現しません。

 「初心者」といってもいろいろな人がいます。

 マビノギは初めてだけどほかのオンラインゲームをいくつか経験している人もいれば、マビノギもインターネットも初めてで右も左もわからない人もいます。また中には「初心者を演じる」熟練者もいます。


 完全に把握することはできませんが、このブログを見ている人には初心者も熟練者もいて、外国人や、たまたま検索で訪れた人まで、さまざまな人がいることがわかっています。

 規制のない環境で公開しているブログである以上、不特定多数の人に見られることは必至で、毎日、その不特定多数の人に向けていろいろな記事を書いています。



 よくわかっているはずなのに、忘れてしまうことがあります。


 それは、初心者はいないと思ってしまう傾向です。


 現実を考えてもらいたいのですが、「声の大きい人」の話は声の小さい人の話よりも聞こえやすく、その内容にかかわらず耳に残りますよね。いい話も悪い話も、大きな声で語られると記憶に残りやすいのです。

 大切な話を小声で言い、ウソやデマを大声で言えば、どうしても後者が優勢になり、あたかもそれが真実であるかのように印象づけられてしまいます。
 事実これが、ウソをつくための最も有効な手段だからです。

 事実ではないものを事実だと思い込ますことに成功すれば、もう完全にウソが支配権を持ち、ウソが真実で、ウソが正義であることにもなり、体系的な理論にまで発展する場合があります。

 今まで否定していても、10人のうち9人がウソを信用するようになれば、その信念は揺らぎ、判断力が狂わされ、そのうちの1人に加わってしまうこともあるほどです。


 …ここまで読んでみたところで、「マビノギに初心者はいない」というのが真実かどうか判断できるでしょうか?

 もちろん、がウソをついている可能性もあります。


 真実を伝えるのは、ウソをつくことよりもはるかに難しいです。
 蔓延しているウソを見抜き、それを超越しなければ、自分がまず真実を知ることすらできません。



 さて、もしマビノギに初心者がいないとすれば、スキルの仕様や使い方、エリア情報、モンスターの種類、アイテム、エンチャントなどを解説する意味があるでしょうか? それは誰に向けて発せられているのでしょうか?

 「今さら説明は不要」などと言っていいのでしょうか?





 おかしいですよね。



 「既出だからそんな情報は必要ない」というのはその人にとって既出なのであって、ほかの人にとっては必要な情報かもしれないのです。



 考えてみてください。


 既出のものをすべて消去したら、この世に何が残るのですか?

 何も残らないのではありませんか?

 残す必要もないし、あとからそれを参照する必要もないでしょう?


 自分に都合のいいものだけ残し、都合の悪いものは残さないのですか?


 これは思考停止以外の何物でもないのです。


 「必要ない」という人が必要ないのです。


 必要ないと思うのなら、見なければいいだけのことです。




 初心者は、自分が今から始めようとしている物事について「必要」とか「必要ない」などとは考えません。


 それを操作しているのは初心者ではない人にほかならないのです。




 そのような人から見れば、マビノギどころか現実世界にも「初心者はいない」のでしょう。自分がそうだと思えばそうなるわけですから。
 こんなおかしな話はないですよね。


 自分の周りに人がいないから「人類は絶滅した」と言うのと変わりません。






 ……ということなので、どうか現在ブログを運営している人も、これから始めようとしている人も尻込みせず、自分らしい仕方で更新を続けてください。「自分らしさ」に既出などないし、読者はそれを求めているのですから!





 mo******anへ

 バナーできました( ゚д゚)ノ■ ドゾー



 このマビノギ式伏字゚+.(・∀・)゚+.゚イイカモ!!w
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

- マナビノギ 2017年--月--日 --:-- ID:manabinogi
...φ(・ω・`c⌒っ カキカキ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

この記事へのトラックバック

    このページのトップヘ