マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

マナビノギ 人は潜在的にウソをつく性質を備えているため、正直者を集めることは誰にもできません。
 集めようとしないのではなく、原理的に集められないということが肝心です。

 ということは、どのような規則やガイドラインを作って誓約したとしても、それ自体がウソである可能性が出てくるわけです。
 入念にルールを制定して「面接」等で精査を行っても同様です。

 また都合によってどうしても守ることができず、決して意図的に破ったわけではないのに、不本意な展開になる場合も多々あります。


 結局、ギルドに入れようが入れまいが、人の本心を見極める手段など存在しないということです。



 ルールを守るのではなく、守ったかどうかが問題なのです。


 どうすればそれを確認できるのかというと、毎日のギルドの様子を記録することです。



 ルールを作ることやその内容を充実させることよりも、「毎日のギルドの様子」を知ることが重要なのでしょう。

 「ギルドで何があったのか」を同じギルドのメンバーが知らないようでは絶対に上手くいきません。

 もちろんプライバシーを侵害してはいけないし、秘密は守らなければなりません。


 「知る」だけではウソやでっち上げが起こりうるため、「外部に知らせる」ことも必要です。
 ギルドの事情を白日の下にさらけ出すことによってウソを抑制する効果が期待できます。


 ところが…


 「ルールを守る」ことはある種の圧力となりますが、「ルールを守ったかどうか」を問われるのはもっと強い圧力になってしまいます。


 こうなるとギルドに残る人はいないか少数になるので、やはり以前と変わりませんね。

 しかもこれはあくまでゲームの世界なので、ルールを守らせる義務強制力が基本的に働かないことも忘れてはいけません。



 非常に弱い磁石が釘を引きつけているようなものだから簡単に離れるのです。

 あまりにも強い磁石だと離れることが困難になり、深刻な問題に発展しやすいので大変危険です。


 ゲームは現実の仕事と違って、プレイしたからといって給料や報酬をもらえるわけではないから、その結びつきや動機はきわめて弱いものです。
 そしてマビノギ「以外」にもゲームは数多く存在するし、パソコンから離れて現実での遊びや勉強に向かうこともできるので、ますます弱いものとなっています。



 いや、結びつきなど初めから強くはなかったといったほうが正しいでしょう。


 だから大抵の人は「手遅れになる前」に離れます。



 ところが、ほかに居場所や行き場所の見出せない人はマビノギに依存するしかなく、離れるわけにはいかない状態にあります。

 最後までギルドに残れるとすればこのような人しかいません。


 このような人を寛容に受け入れることは、本当にその人のためになるのかという疑問が生じます。

 本当は別の用事があるのに、ゲームの魅力に取りつかれて離れなくなり、日常生活に支障をきたすようになってしまったということが少なからずあるからです。




 私は知らず知らず、そのような人を集めていたようです……。




 だから、ふとしたことで現実や他の世界のことを思い出し、目が覚めると、ギルドへの思いが急激に変化してしまうと考えられます。


 やはり私の導き方が間違っているためにギルドが上手く機能しないのでしょう。

 私はギルドを作らないほうが、上手くいくと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. ピコ
    • 2011年07月31日 15:25
    • 私的見解ですが、廃人率が高いギルドの方が上手くいってた印象がありますw
      それでも恋愛絡みのトラブルが出てくると・・・だめですねw

      私は別のゲームでインするとすぐスカイプやろうって言われるのに嫌気がさして逃げた経緯があります
      長電話は好きだけどいつもいつもとなると、疲れちゃうんですよね
      そのうちゲームにインするのも気が重くなるようになりやめちゃいました
      スカイプは便利ですが、私にはメッセくらいがちょうどよかったようです
      あまり関係無い話で突然自分を語ってしまってすみませんでした
    • 2. あすさん
    • 2011年07月31日 17:51
    • >ピコさん
      なるほど…そういう話は多いようですね。
      しかし私が廃人には達していないため、どうしても中途半端になってしまいます。

      ギルドにいる場合、恋愛は「禁止」か「無視」か「追放」しか対策がありません。
      恋愛が上手くいくのは大抵「1:1」の場合だけなので、ギルドが大きな負担になるからです。
      他人を巻き込まないためにもギルドから離れることが大切です。

      私は長い間スカイプをやっておらず、話をしたいという人もいないため安定しています。
      私から話すこともないですからね…
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

この記事へのトラックバック

    このページのトップヘ