マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

マナビノギ 「変化」を受け入れがたいなら、「以前と同じではない」と思えば少しは受け入れやすくなるはずです。

 この世に決して変化しないものなど存在しません。


 もし「いつまでも同じまま」ならレベルを上げてもAPは増えないし、スキルを覚えることもできず、お金もたまらず、外見を変えることもできず、自分以外の友達もいないことになるため、実質なにもないのと変わらないからです。




 いつまでも古参が古参として自分の立場を顕示していたら、新しく入ってくる人にとってはつまらない世界になってしまうでしょう。


 何年もマビノギをやっている人と、今から始めようとしている人は、同じではないのです。


 同じではないのに古参はしばしば同一視し、過去の情報や過去の自分の体験を主張し、あたかもそれが真理であるかのように説き、新しく入ってきた人に強制することがあります。

 これは伝統や慣習を守りたいという善意であることも多く、一概に非難することはできないのですが、柔軟性に欠き、新しくよりよい世界を作るうえで障害となっていることもまた事実です。




 たび重なるアップデートによるマビノギの変化を受け入れがたいと感じるのなら、決して無理に受け入れようとする必要はないと思います。


 あなたは誰かにそうすることを強制されましたか?

 おそらくないでしょう。


 ではが強制しているのですか?



 それはきっとあなた自身です。



 自分の「こうでなければならない」という思いに支配され、変化が苦痛として感じられているのではないでしょうか。


 無理をする必要はないし、そのような義務は誰にも課せられていません。


 すべては自分の意識がそうさせているからです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事へのコメント

0 フンイキー 2020年--月--日 --:-- ID:manabinogi
あたしはフンイキー! ただのムードメーカーよ!
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

この記事へのトラックバック

    このページのトップヘ