マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

マナビノギ たまにやるくらいなら問題ありませんが、常習的に行うと取り返しがつかなくなりそうです。このブログはあくまでも「マビノギ」に限って更新するものとします。
 いろいろなテーマを扱っているほうが充実していると思われがちですが、実際はそうでもなく、むしろ「何をやりたのかわからない」ことになりやすいのです。

 「広く浅く」行うとたいてい失敗します。
 それは自分自身が面倒くさくなるからというよりも、視聴者が何を見ればいいのかわからなくなるのが原因なので、「狭く深く」したほうが都合がいいのです。

 何か一つ「こだわり」を持っていたほうが長続きするし、話題も生み出しやすく、また読む人も飽きさせないとうメリットがあります。




 更新されていないブログは、どんなにいい内容だとしてもそれを書いた人の動向が把握できないため、信憑性が低くなりやすく、読者に訴えかける力は弱くなります。


 そう、人は常に新しい情報を求めているのです。


 しかし新しい情報を強い仕方でアピールしたからといって即座に影響するわけではありません。

 信憑性というのは、情報の送り手(ブログ主)がその内容に関して専門的な知識を有していて、なおかつ偏りなく伝えようとしている場合に特に高くなり、一般的に受け入れられる傾向が強くなります。

 ところが信憑性の低いメッセージでも、時間が経過することでその送り手の印象が薄れると、じわじわと説得力を帯びてくるようになる場合があります。
 誰かの何気ない一言が、あとになってじわじわと真実味を帯びてくるようになる現象のことを「スリーパー効果」といいます。ポケモンではありません。



 たとえばマビノギチームの
(6/23 22:05追記)
不具合を故意に利用する行為は禁止行為となります。
 この言葉は、本来もっとも信憑性のある送り手から発せられているにもかかわらず、すでに3日ほど何の進展もみられないために印象が薄れている状態にあります。

 そのため
この問題で追加されたスキルにつきましては、ランクアップやスキルの利用を
お控え下さいますようお願い致します。
 と書かれているのに、「修練をせずにスキルを習得できるのは新しい仕様。シャープマインド以外は上げてもよい」「ロールバックはもはやありえないから、気にしなくてもいい」と決め付けてしまう人まで出てくるわけです。
 そして、その意見のほうが信憑性があるように感じられてしまい、実際に応じる人が少なからずいるのです。


 はたしてどうするべきなのでしょうか?

 「利用者」の立場ではどうするべきなのでしょうか?


 たとえば公式サイトのにあるコンテンツでそれを認めるような話があっても、それと公式の発表のどちらを信用すべきですか?


 「何を信じるか」ということで混乱し、人によって異なる判断をするようになると、何度でも同じあやまちを繰り返すことになる可能性があります。




 これは私の個人的な考えですが、マビノギチームはたしかに一生懸命に仕事をしようとしているが、業務のうちの公開すべきこととすべきでないことの判断がいつも不適切で、肝心なことに口を閉ざし続けているために評価を損なっているのではないかということです。


 期待を込めて…ハァンタジーライフ!
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

0 モルクァン・ジョー 2020年--月--日 --:-- ID:manabinogi
コメント。する。
モルクァン。きえる。
(コメントしていただくとモルクァン・ジョーは消えます。)
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

この記事へのトラックバック

    このページのトップヘ