マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

マナビノギ 7日23時32分ごろ宮城県沖を震源とするマグニチュード7.4の大地震があり、宮城県の北部と中部で最大震度6強を観測しました。
 こちらは体に感じる小さな揺れが1分ほど続きました。

 津波警報・注意報は解除されました。
 今後の情報に注意してください。





20110407234633391-072332

 3月11日に発生した巨大地震の余震域の中で起きており、気象庁では現在その関連を調べています。


 先月のものと比べて地震の規模は小さいものの、今回の地震は深夜に発生したため、「停電」による暗闇にも警戒する必要があります。


 3年前にも「停電の恐怖」について言及したことがありましたが、人は暗闇に弱く、突然の地震と停電に見舞われると平常心を保てなくなります。

 前回の巨大地震からまだ1ヶ月も過ぎていないので、さすがに防災の意識を緩めている人はそう多くはいないと思いますが、真っ先に必要なのは暗闇を照らすための懐中電灯をつけることです。


 このような地震はいつ起こるかわからないので、震源地から離れたところに住んでいる人も明かりの用意をしてください。


 破壊的な揺れに耐えられないとしても、その後に待ち受けている暗闇の恐怖には、たった一つの明かりが対抗手段となり、大きな安心感をもたらします。



 地震を予測して完全に避難したり、揺れをキャンセルしたりすることは残念ながら誰にもできません。

 物理的にいえば地震は「波」であるから、発生と同時に逆位相の波を重ねれば消すことは可能です。
 もちろん、この波を起こすためには地震とまったく同じエネルギーが必要で、そんな大きな力を制御する技術はないし、そもそも地震発生のタイミングを正確に予測できないので不可能です。



 できないことはできない──これは仕方ありません。

 誰もそのことを責めたり、とがめたりすることはできません。

 でも地震が起こることはわかっているし、それがどんな事態をもたらすかもわかっています。
 なので、自分にできる備えをしっかりと行い、日ごろからよく考えて行動するようにしてください。

 これ以上のことは誰にもできないので、それゆえに悲嘆することではないからです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事へのコメント

0 無愛想にコメントをねだるニンジンちゃん 2020年--月--日 --:-- ID:manabinogi
ワンワン!
(コメントしていただくとニンジンちゃんが静かになります。)
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

この記事へのトラックバック

    このページのトップヘ