マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

「レベル上げ」の定番、シャドウウォーリアを退治

 「戦闘におけるレベル上げの定番」といえばどこでしょうか?

 メイズ平原北部の「黒尻尾マングース」狩り
 タルティーン影ミッションの「シャドウウォーリアを退治
 タラ影ミッションの「彼らのやり方


 すぐに思い浮かぶものとしてはこのような感じです。




 いずれも「ソロ」が前提となっています。
 この影ミッションは1人でしか入ることができません。


 これを読んでいるあなたも、初心者から「レベル上げにいい場所はどこですか?」と尋ねられたらそう答えるか、答えた経験があると思います。


 その理由として「シャドウウォーリアを退治」では、
 いろいろなタイプのモンスターが出現し、
 対応の仕方を自分のペースで習得することができ、
 どんなスキルのキャラクターでもだいたい対応できるし、
 敵の攻撃力はそれほど高くなく、
 難易度の割りに経験値が多く、報酬もいいから──


 「彼らのやり方」では、
 弓や魔法は一切通用しないが、
 あらゆる戦略に重要なウィンドミルのトレーニングに最適で、
 ゾンビは足が遅いので安全性が高く、
 難易度の割りに金貨も経験値も多く、報酬もいいから──



 でも理由がもう一つ、正直なところとても言いにくいものがありませんか?


 それは……



 自分のレベルは自分で上げてほしいから。




 これは多くの人が暗黙のうちに了解していることと思われます。
 だから決して悪いわけではありません。


 「私は私のレベルを上げるのに忙しい」
 「私に何かメリットがあるなら手伝ってもいいよ」
 「敵がWEAKESTだし熟練上げにもならないから嫌だ」



 口に出さないだけで、心の底にはこのような考えが根づいているのです。


 これが極端になると、

ソロプレイヤー

 あらゆる場面をソロでプレイすることが前提になり、




ソロプレイヤー…

 その前提の上に物事が成り立つようになり、




関心が必要な

 他の物事に対して無関心になってしまう……


 ※画像はイメージです。



 そうなると人間関係は一気に荒廃します。


 ・普段から報酬のいいミッションにしか行かない・誘わない。
 ・いい報酬が出ないとネタではなく本気で怒る
 ・装備は見た目よりも性能やエンチャントで選び、他の人にもそれを強要する。
 ・「ソロでどこまで攻略できた」という話題が大半を占める。



 上記に一つでも当てはまったら要注意です。

 でも別に悪いわけではないのです。

 本人にとってそれが満足し、充実するものであればいいのです。

 しかしオンラインゲームである以上、「本人の問題だけ」では済まされない場合があります。



 初心者、累積100未満のプレイヤーが、最初からずっと1人用の初級ミッションをこなしていることがよくあります。

 そのような人に尋ねてみると、「好きでそうしているわけではない」と答えることが多々あるのです。

 「なぜ好きでもないことを続けているのか」と尋ねると、
 「これが一番“効率がいい”と教えられたから」──。





 「レベル上げ」がある程度「作業」になってしまうのは仕方のないことです。

 でも、それしかすることがない、最初からそれしか行わない、
 作業を続けるだけのゲームになってしまったらどうでしょうか?



 ゲームに慣れている人は、慣れていないの立場で考えることが非常に難しく、どうしても自分の「経験」や自分の当時(過去)の出来事を基準としがちで、の相手の姿を歪めてしまうことがとても多いのです。
 (もちろんそれが役に立つ場合もあるが、意図しない展開は非常に多い)


 既存のギルドに入る初心者よりも、初心者そのものが新規のギルドを立ち上げることのほうが多いという現状からもわかるように、新参と古参の間には決して打ち解けることのない問題があります。

 無理に埋めようとすると、悪化します。

 それもまた多くの場合、古参のほうに原因があり、先ほど述べた「暗黙の了解」が発現するのは古参なのです。つまりどういうことかというと、

 「仲良くしてあげようとしています」
 「レベル上げを手伝ってあげますよ」
 「その代わり言うことを聞いてくださいね」


 という「下心」が出てきてしまうのです。



 「強要する」のは猛烈に反発されます。


 強要がなく、教養のあるところには人が集まります。


 ゲームは現実とは違います。

 同じだと思っている限り、適応することは困難です。




 ゲームにおける教養とは何ですか?



 遊ぶことです。



 頭を酷使して考えたり問題を解いたりすることではなく、遊ぶことです。

 このことを忘れてはいけません。


 ゲームを楽しめる人は、「遊び方」を心得ているのです。




( ゚д゚ )

 どうです? ちっとも難しいことではないでしょう。


 どれほど長くプレイしていようが、
 どれほど長い文章を書こうが、
 「遊ぶ」ことで帳消しになります。




(´゚д゚`)

 このような場面から何かを取り去ったり、付け加えたりする必要はまったくないのです。

 服は着ましょうwwwww
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

  1. 1リルコ2011年03月29日 07:32 ID:unlJjl9F0
    服は着ましょう。とても大切なことですよね。
    さすがあすさん、いいことおっしゃいます。


    レベル上げはほんとにそうですよね。
    マビ再開した時、2倍イベントがあったので
    そういった現象が顕著だったように感じます。
    わたしもサブのレベル上げはソロが多いです。
    そもそもメインはレベル上げ!と考えなくても上がってますし
    メインは誘ったり誘われたりも多いですしね。
    あすさんの意見 ほんとに素晴らしいです、あたしも反省です。
    服は着ましょう!
  2. 2あすさん2011年03月29日 11:14 ID:Xhsm.7B70
    >リルコさん
    着衣は重要です!

    レベルを上げてAPを獲得しなければスキルについては成長しない一方、
    それにあまりに没頭すると大切なものを忘れてしまいますね。


    「1日で100レベルまで上げた」
    「2週間で200になった」

    たしかにすごいことです。
    でもこれは本人以外には何の利得もありません。
    スキルを極めてもゲームに居場所が見出せず、
    「退屈だ」と常に漏らす人は少し残念ですね(´・ω・`)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

この記事へのトラックバック

    このページのトップヘ