マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

バーナムプレートアーマー
 プレビューを見ただけで鳥肌が立ってきた…
 パンとチーズだけの生活を続けているとこんな体形に…。

バーナムプレートアーマー
 異常なまでに盛り上がった肩の部分とは対照的に、細い下半身…。

 アーマー、ヘルメット、ガントレット、ブーツがセットになっていて、それぞれに突進強化0~3爆発抵抗0~3の効果がついています。
 人間とジャイアントの専用装備であるため、エルフは着ることができません。

 チャプター4お祝い使節団イベントのほか、ハードモードキアダンジョンの報酬で出るらしいです。
コメント(4)

ブラックサキュバス
 「コントロールオブダークネス」、「野生動物調教」に続いて幻惑の演奏でも「サキュバスを誘惑した」タイトルを獲得できるようになりましたね。
 このときの幻惑の演奏ランクは8でした。

 87 サキュバスを誘惑した
 サキュバスを誘惑した。
 最大マナ 10増加
 Int 20増加
 Dex 20増加
 Luck 20増加

 防御 5減少
 保護 5減少


 かなり使えるタイトルです。

ブラックサキュバス
 男性を襲って喰らう恐ろしいサキュバスが、おとなしく歩いています。

ブラックサキュバス
 演奏の効果が消えると「!!」が出て……

ブラックサキュバス
 (つд⊂)エーン 普通にアクティブ化して襲ってきましたよ……

 幻惑の演奏スキルで発生するバグに注意!!

 発生する条件はよくわかりませんが、幻惑の演奏でいろいろなモンスターを幻惑していると、突然、自分の生命力やスタミナのゲージが固定され、消耗していないかのように見えるバグが起こります。
 一瞬「無敵になった!」と思うかもしれませんが、実際には消耗しているので注意してください。リログするまでは直りません。 コメント(2)

専用エンチャントスクロール
 ボスのムービーで「グリムリーパー」が現れるのに、実際には登場せずにクリアしてしまう謎の演劇ミッション『エイヴォンの守護者』の報酬で、専用エンチャントスクロール「オアシス」が出ました。

オアシス
 オアシス (prefix:ランク 8)
 足に着用するアイテムにエンチャント可能
 Dex 5~10増加
 レベル45以上の場合、クリティカル6~10%増加
 最大スタミナ6増加
 最大生命力6増加

 エンチャント装備を専用にする

 という、かなりとんでもない性能のエンチャントです。
 「レベル45以上」というのが少しだけ面倒になること以外、デメリットがありません。Dexの最高値がつけば、弓攻撃の最大ダメージ4増加に相当するため、クリティカルが最低値だとしても、今までaspirinが使っていた「光る」を完全に上回ることになります。


オアシス マナマジシャン 魔法学校の靴
 結果はこの通り!
 クリティカル8、Dex9というなかなかの数値でした。

 モンゴラージ魔道士の帽子、マナウィッチ 魔法学校女子学生服、マナマジシャン 魔法学校の靴、ダスティンシルバーナイトスネークブレイスの装備により、スタミナ消費減少、マナ消費減少が発動するため、魔法使いでも弓使いでもできます。 コメント(2)

オウム
 グローブ座に向かって右、暗雲の立ち込めていない側に1本の木があり、正体不明のオウムがいます。オウムというかコンゴウインコですね。こんな巣に住んでいるのも変ですけど。某宗教団体とは関係ないと思います。
 木を叩くたびに謎の言葉を発します。

オウム
 バカーヾ(゚д゚)ノ゛ バカーヾ(゚д゚)ノ゛ ( ゚д゚ )…

 このオウムは何者なのでしょう……インフレイムズのようなもの?

幻惑の演奏
 すでにアクティブ化しているモンスターには効果がありませんが、スキルランクとモンスターの戦闘力によって幻惑の可否が分かれます。
 演奏者との距離はあまり関係なく(2000?)、強いモンスターほど幻惑するのに時間がかかり、少し離れていても弱いモンスターのほうが優先的に選ばれることが多いようです。

 8ランクの現在、同時に5匹まで幻惑できています。

幻惑の演奏
 演奏の効果時間が終わるか、途中でキャンセルすると、幻惑されたモンスターが一斉に「!!」を出します。

 メタルスケルトンが襲ってくると思い、あわてて逃げた次の瞬間、

幻惑の演奏
 そのまま元の状態に戻ってしまいました。
 1匹も攻撃してくることはありません。

 これが正規の仕様だとしたら非常に便利です!

 が、しかし…

幻惑の演奏
 さっきと同じモンスターの群れを幻惑しようとすると、そのうちの1匹だけが「!!」を出さずにアクティブ化し、襲ってくるようになってしまいました。
 1匹だけ幻惑がかからず、演奏開始と同時に索敵範囲外から「!!」を出さずに襲ってきます。すぐ演奏を中断し、対応しなければ攻撃されます。要注意です。


幻惑の演奏
 ダンバートン周辺にいるクマは、いずれもアクティブ化しませんでした。
 もちろんペットのクマも。カエルも。

 灰色オオカミ、ダイアウルフ、盗賊コボルド、ウィスプ、コウモリはアクティブ化しません。

ウィスプ
 ウィスプを幻惑するととてもきれいです。ぜひ一度やってみてください。
 1匹のウィスプが2匹になったように見えます。


 アクティブ化するモンスターは、ネズミ、キツネ、インプ、ミミックなどでした。

生産経験値
 モンスターやアルバイトの報酬だけでなく、特定のアイテムを「生産」することで経験値を獲得できるようになりました。
 「自動生産」にチェックを入れずにまとめて生産してしまうと、1回分の経験値しか得られないので注意してください。

 「アルバイト用の**」は一律で経験値が100となっています。
 通常の素材より低く設定されています。ケチですね。

 組紐:300
 太い糸:100
 細い糸:100
 最高級革紐:700
 高級革紐:300
 普通の革紐:200
 安い革紐:100
 丈夫な紐:800
 丈夫な糸:300
 糸のカギ:5000
 冷たい糸:500
 生地:300
 シルク:300
 氷の絹:1000


アルバイト用リリナロングスカート
 裁縫のアルバイトでは、仕上げを行うことで生産経験値を獲得できます。
コメント(2)

更新や戻るをするとページの一番上に戻ってしまう あるウェブサイトを閲覧中、スクロールしてページの途中にあるリンクから別のページを表示し、ブラウザの「戻る」を使って戻ってみると、ページの一番上に戻されてしまう──。
 ページの途中を見ていて「更新」すると、いつもページの一番上まで戻されてしまう──。

 リンク集など、「リンクをクリック→ブラウザの戻るボタンで戻る」、という操作を繰り返すことが多い場合、この現象は非常にわずらわしく、いちいちページをスクロールするのにイライラしてしまう人もいるでしょう。

 読み込みのたびにページの一番上まで戻ってしまうのは、ブラウザの仕様(不具合)である場合もありますが、そのページに使われているスタイルシート(CSS)が原因であることもあります。

 たとえばブログのレイアウトによくある、ページの上部に横長のタイトルがあり、その下に、左側にメニュー、右側に記事本文というページがあるとします。
 全体とタイトルの横幅(width)が800px、メニューが200px、本文が600pxとなっていて、それぞれIDがtitle、menu、honbunだとします。
 それがHTMLで
<div id="title">
<div id="honbun">
<div id="menu">

 という順番で記述されているとしましょう。このままではタイトルの下に本文、本文の下にメニューが縦に並ぶだけで左右のレイアウトにならないので、スタイルシートを使って指定する必要があります。
 それがCSSでは、titleはともかく、
#honbun {
  position:absolute;
  width:600px;
  top:略;
  left:200px;
}

#menu {
  position:absolute;
  width:200px;
  top:略;
  left:0px;
}

 となっている場合があるのです。これでもレイアウトできますが、実はposition:absoluteというのが曲者です。

 absoluteは絶対的な配置で、html要素を基準とした──つまりページの最上部からの──距離を指定した要素(ボックス)になります。そのため、このページを更新したり別のページから移動したりすると、いつもページの一番上に戻ってきてしまうのです。


 どうすればよいのかというと、テーブルを使う手もありますが、floatを使ってボックスを回り込ませるのが一番いいと思います。
#honbun {
  float:left;
  width:600px;
  margin-left:200px;
}

#menu {
  float:left;
  width:200px;
  margin-left:-800px;
}

 と、このようになります。メニューの左マージンをマイナス800pxにするところがポイントです。 コメント(1)

ランク D 幻惑の演奏
 管楽器でより強い敵を幻惑する。
 といいながら
 弱いモンスターを幻惑する。
 と控えめな追加ヒントとなっている、幻惑の演奏スキルです。

 たしかにランクの低いときに比べれば「より強い敵」にも有効ですが、こうして並べて見ると、いかにも正反対のことが書かれているようで面白いですね。

ランク A 幻惑の演奏
 ランクAになると…
 もう少し強いモンスターを幻惑してみよう。
 とあり、「同レベル」の過程を飛ばしていきなり「強いモンスター(STRONG)」がトレーニング対象になってきます。

 このスキル、戦闘力を調整することよりも、演奏で消費するスタミナの多さのほうが手ごわいです。ランク9から急激に増えました。


 サキュバスを誘惑できるまで頑張ろう…

トリニティスタッフ
 魔法使い待望の武器、トリニティスタッフがついに実装されました。
 この貴重な武器は、日本人カエルYOTAROさんからいただきました。ありがとうございます。

 魔法使いだけでなくファッションとしても価値の高いトリニティスタッフ!

トリニティスタッフ
 アイテムの説明はこのようになっています。
 ゲブネの祝福を受けたトリニティスタッフ。3属性のすべての魔法を使用できる。使用した魔法の力がスタッフに累積され、所有者の魔法の力を大幅に増加させる。しかし、一度にひとつの属性しかスタッフに集められない。

 両手武器であるため、盾を装備することができない点に注意してください。

トリニティスタッフ

トリニティスタッフ

トリニティスタッフ
 このように体の前で両手で持って走るモーションになっています。

トリニティスタッフ
 戦闘モードの態勢はジャイアントふうに見えます。アタックのモーションも今までの武器とは違うものになっているので、いろいろ観賞するのも面白いと思います。

 ワンドと違ってメディテーションは歩きになってしまうことと、パーティーヒーリングとブレイズは使用不可能なのが欠点です。でも、欠点を補ってあまりあるほどの性能を秘めているトリニティスタッフです!

 さっそく魔法を使ってみましょう。

トリニティスタッフ
 ボルトの詠唱のモーションは……通常と同じもののようです。

トリニティスタッフ
 1種類のボルト魔法で数回、敵を攻撃すると画面が白くフラッシュします。(ボルトの種類によって回数が異なりますが、その点は後述します)

トリニティスタッフ
 引き続き同じボルトで攻撃すると、
 スタッフの ** 属性が 1段階強化されます。
 と表示されます。

 1段階強化でボルト魔法ダメージ5%増加、
 2段階強化で10%増加、
 3段階強化で15%増加、中級魔法使用可能

 となります。

トリニティスタッフ
 3段階強化されると、その属性の上位魔法を使用することができるようになります。

トリニティスタッフ
 従来のワンドと同じダメージが出せます!

 使用するまでの準備過程があるため使い勝手は悪いですが、武器の持ち替えによってマナが消滅しないことと、魔法攻撃による耐久力の消耗がないことの恩恵はきわめて大きいと思われます。

 トリニティスタッフ自体はワンドより入手が困難ですが、いったん手に入れてしまえばワンドよりも使い勝手がいいのではないかと感じました。

ファイアボール
 トリニティスタッフのファイアボールを赤ヒグマに撃ったところ、クリティカルヒットで9238ダメージが出ました。これが初めての攻撃です。

 Int730(魔法攻撃ダメージボーナス36.5%)、ファイアマスタリDランク、ファイアボール1ランク、マジックマスタリ1ランク、クリティカルヒット1ランクなので、ファイアマスタータイトルがあれば10000ダメージを超えられるのではないでしょうか。


 すみません; APが不足しているので;;


 ボルト魔法の使用による属性強化の段階にはポイントがあり、
 アイスボルト:12ポイント
 ファイアボルト:19ポイント
 ライトニングボルト:14ポイント

 これがチャージ数に関係なく1回の攻撃で加算されます。
 そして1秒間に0.5ポイントずつ減少していくようです。

 0段階:0~30ポイント、ボルト魔法ダメージボーナスなし
 1段階:30~60ポイント、ボルト魔法ダメージボーナス5%
 2段階:60~100ポイント、ボルト魔法ダメージボーナス10%
 3段階:100~140ポイント、ボルトダメージボーナス15%、中級魔法使用可能

 あえて「ボルト魔法ダメージボーナス」と書いたのは、このボーナスは中級魔法にはないからです。
 スタッフとワンドでダメージを比較したところ、15%もの差はみられませんでした。未改造の場合、どちらも威力は同じです。

 実際に検証した様子です。

アイスワンドによるアイススピアのダメージ
 普通の市販アイスワンドによるアイススピアのダメージ。
 ゴブリンに対して357ダメージ出ていることがわかります。

トリニティスタッフによるアイススピアのダメージ
 トリニティスタッフによるアイススピアのダメージ。
 これもゴブリンに対して357ダメージ出ていることがわかります。

 もし15%のボーナスがあるなら400ダメージを超えることが容易に想像できますが、まったく同じなので中級魔法への影響はないことがわかります。
 期待していたのに…残念でした…


 これらはMabinogi Wiki スキル/魔法のページに詳しく書かれているものですが、(細かい計算を省いても)その正しさを裏づけることができます。

演劇ミッション
 演劇ミッションにはときどき赤や黄色のスポットライトに照らされたモンスターが現れ、それを倒すと「テレッテン」と紙ふぶきのようなものが舞い、自分にライトが当たるようになります。

 黄色のスポットライトは魔法使いには嬉しい効果、Int300、魔法攻撃・魔法防15%相当の上昇が得られます。
 ダンジョンに現れる赤い噴水とは比較にならない、猛烈な効果です。

 ライトを浴びている間にレベルアップをすることで、200を超えているステータスに対応した「猛者」や「器用な」といったタイトルを習得できるそうです。


 ミッションの等級によって上昇量が異なっています。

 赤:Str
   初級:100
   中級:150
   高級:200
   ハード:300

 黄:Int
   初級:100
   中級:150
   高級:200
   ハード:300

 
緑:Dex
   初級:100
   中級:150
   高級:200
   ハード:300

 青:Str、Int、Dex、Will、Luck
   初級:40
   中級:100
   高級:150
   ハード:200
コメント(2)

    このページのトップヘ