マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

お知らせ 15日の16時より断続的にサービスを停止し、義援金募金の受付のみ対応している状況で、23日の18時に再開するというのは「予定」であり、お知らせのページにも「予告なく変更する場合がございます」と示されているように、延長の可能性もあると考えて柔軟に構えていたほうがよいでしょう。
 
 仮に予定通りに再稼動しても、計画停電の影響はあるかもしれず、当面はネクソンの発表通り「サービスのクオリティの維持が困難である」、少し皮肉な言い方をすれば「停電の以前からクオリティの維持は困難であった」ということで、これも「予告なく変更」の示す想定の範囲内の事象であるから、心配には及びません。


続きを読む
コメント(4)

あすさんの家庭教師就寝時には体温を-273℃まで低下させる超エコ仕様のあすさんが目覚めると、すぐに平熱に戻って動き始めた。


凛あ、あすさん……おはようございます…
あ、あの……本当に冷たくなっていましたけど…
大丈夫なのですか…?

aspirinこれが私にできる精一杯の省エネなのでね。
無駄な熱を出さないようにと、寝るときくらい体温をオフにしているんだ。


凛は……はあ……
aspirinさん、すごいです!最高です!


明海………
たしかにすごいと思うけどね。
あすさんの布団が毎朝ガチガチに凍結してるから困ったものよ。

凛布団って…




続きを読む コメント(2)

ティッシュ 風邪と呼ぶには発熱がなく、咳も出ず、鼻水も出ないことからティッシュペーパーの消費がありませんでした。
 アルファ線はティッシュ1枚でも遮蔽できます。
 鼻水は1枚や2枚では止められないことが多く、一部の放射線より厄介である場合があります。


続きを読む コメント(6)

マナビノギどうも、ご心配おかけしております…
腹部の冷えが深刻で、トイレと隣り合わせという状況でしたが、服の上からカイロを貼り温めたところ、ピタリと治まりました。

就寝中は使用しないでくださいとは書いてあるものの、これは仕方のない状況です。
コメント(1)

ネイル いくら過疎っているからといってNPC関連の設定が適当すぎるイメンマハの詩人、ネイルの楽器屋アルバイトです。
 
 
 古きよき時代(?)のイメンマハだから設定が充実しているのかと思いきや、大間違いでした。

続きを読む

ナレーター水素が発生して大量に集まれば水爆になるのではないか?」。
そのようにはならないということを理解するため、物質の本質から考えていきましょう。
 
 
アイバ水素爆発は水爆とは違うといわれても、やっぱり心配です。
水素が大量に集まれば水爆になってしまうのではないのですか?


明海なるわけないでしょ。
仕組みがぜんぜん違うんだから。


アイバ違いは以前の記事でわかりました。
でも水素は水素ですし、水爆にはならないという絶対的な保証はないのではありませんか?

明海そ、そりゃ絶対的な保証は…たぶん…無理だけど…
うーん……本当に大丈夫なのかな?


ドレン(=-ω-)zzZZ乙乙



アイバああっ…ドレン先生が居眠りをしています…




続きを読む コメント(1)

ナレーター学校の授業や教科書がつまらなく、学習するのが難しいとすれば、それは勉強する頭が悪いというよりも、教え方に問題があると考える──それがaspirinの発想である、と寝言を言っておりました。

 この物語もところどころフィクションです。


ドレンということは、aspirinさんはどうやって学習したのですか?
影ミッションのエリートへは怖くて行けなくても、エリートの学校へは通っていらっしゃるのですか?

アイバドレン先生がいつになく真剣になっています…
そしてストレートすぎる発言…


aspirin私の最終学歴は中卒だと言わなかっただろうか?
もっとも、中学で学んだわけではないが。


ドレンどこまでが真実なのか、わかりかねています。
教えてくれないなら今後、高級結晶を売りませんよ!?


aspirinいらないよ。




続きを読む

ナレーター現実に比べてゲームがどれほど自由で恵まれているのかということを、あのアイバと忌々しいあっそんの「うジオ」でわかりやすく解説しましょう…


ドレンアイバ、アイバ、ちょっと来てちょうだい!
大変なことが起こったの。


アイバどうかしましたか、ドレン先生。



ドレンネクソンの英断でサーバーへの電力供給が止められたことで、私たちの思考も止まってしまったわ。
このままではエリンも危なくなるわ!

アイバ英断…? これはメンテナンスなのですか?
メンテが終われば、以前よりも調子がよくなるのですよね?


ドレンそんなことは絶対にないわ。



アイバえ…



続きを読む コメント(2)

マナビノギ 「感覚遮断実験」という、被験者に目隠し耳栓、手で物をつかめないようにするためのを腕にはめる、楽なベッドの上に寝かされる、食事トイレ以外の活動を行えなくする実験がありました。
 
 視覚、聴覚、触覚などの刺激をほとんど遮断された人間がどのようになるかを調べる実験です。
 
 
 さて、被験者は初めのうちは熟睡できますが、だんだん落ち着かなくなり、不快感を覚え、手を動かしたい、何かを見たり聞いたりしたい、と訴えるようになり、2~3日も続けると思考が乱れたり途切れたりし、幻覚のような症状や、身体的な違和感をきたすようになりました。



続きを読む

    このページのトップヘ