マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

HHKB

私にできる定期的なメンテナンスであるキーボードの簡単な掃除。
今年は去年よりさらに簡易的に行いました。
水洗いすると乾燥に時間がかかるのでめんどくさいですね。

よほど汚くなる扱いをしない限りキーボードは特にメンテナンスなど必要ないのですが、
使い捨てるのでなければ1年に1回くらいの掃除を行うと快適な状態を保てます。

ケースを開けて基板を取り外すといったオーバーフォールは元に戻すのが難しいため、
キートップを外してブラシや布で拭き取ることにとどめていますが十分です。

有名なキーボードであれば検索すれば分解の詳細な仕方を知ることができますが、
一般的に分解した製品はメーカーの保証を受けられなくなる可能性があって
元に戻せなかった場合に困るのと、分解のためには大抵シールを破るかはがさなければならず、
見た目が悪くなることがあるので自己責任で行ってください。

ほとんどのキーボードはキートップを外せる構造になっています。
しかし非常にデリケートなものもあるので注意しましょう。


プラクリーン

カチオン系活性剤(陽イオン界面活性剤)の眼鏡クリーナーが掃除にいいというので今回使ってみることにしました。
実体のよくわからないエセ科学の「プラスイオン」とは違いますwww

プラスチックを傷めない成分で、負電荷を持つ固体の表面に吸着し電気的に中性となることから
帯電を防止しホコリの付着を抑えてくれるらしいですよ。
眼鏡レンズだけでなくスマートフォンの画面の掃除と汚れの防止にも有効だそうです。

もちろん永続性はないのでホコリの付着防止作用がずっと続くわけではありません。
普段からクリーナーをつけて掃除することもできますが、柔らかい布で拭くだけで十分でしょう。
むしろ「汚さない」ことのほうが大切です!

ウエットティッシュは意外と水分が多く、きれいに乾拭きしないと跡が残りやすいため
画面の掃除には使わないほうがいいですね。
きれいに拭いたつもりでも見苦しい跡を残していたことがあります。
アルコールはABS樹脂を劣化させるので注意してください。
キーボードを逆さまにする

キートップを外したら最初に行うこと。
これが実はあまり知られていないんですね。

いきなり普段の向きのままブラシでごしごしこするのではなく、
キーボードを逆さまにして軽く叩きます。
これだけでけっこう大きなホコリやゴミは下に落ちます。

この状態でブラシでこすります。

上向きのままこするよりも汚れが落ちやすいし、「ホコリがかえって奥に入り込んでしまった」なんてこともなくなります。



……ただこれはコンパクトなキーボードだから片手で持って片手でこすれるのです。
フルサイズのキーボードをこのように持つのは難しいです。
台の上に橋渡しするか、斜めに立てかけるか、持ち方を工夫してください。







きれいにする

あまり汚れていなかったので感動はありませんでした……

眼鏡クリーナーはキーボードに直接噴射してはいけません
毛羽立たない布やクリーニングクロスなどに染み込ませて拭き取ってください。

ティッシュペーパーはやめたほうがいいです!

キーボードの隙間に引っかかりやすくあっという間にぼろぼろになってしまいます。
ぼろぼろになった紙くずをかき出す手間が増えます。







あまり汚れていなかった

キートップもほとんど汚れが見えませんでした。

マクロレンズを使わなければ写らない程度の手あかが付着していました。

キートップをはめ込んでいるときに突然、地震が起きてびっくりしました。
鳥取で震度6弱……
愛知でも体感できる揺れが2回ほどあり、2回目は20秒くらいガタガタと揺れていました。

……キーをはめ込む位置が1つずれていました……


このキートップはPBTというエンジニアリングプラスチックでできており、
一般的なABS樹脂に比べて耐熱・耐溶剤・耐摩擦性に優れています。
そのためサブリメーションという「インクを高温で染み込ませる」ことによる
非常に耐久性の高い印字が可能になっています。

普段からアルコールなどで拭き取っても傷むことがありません。

酷使しても表面がツルツルになりにくく、サラサラとした感触を保つことができます。


一方ABSは熱に弱いためサブリメーション印刷ができません。
レーザーの熱による印字がされていますが耐摩耗性があまりよくないため
酷使しているとだんだん文字がかすれてきてしまいます。
同じ理由からだんだんツルツル、テカテカしてきます。

加工や形成が容易なため価格の安い利点があり、多くの製品に使用されています。

アルコールの付着で劣化してしまうため掃除や消毒には使わないほうがいいです。



それで眼鏡クリーナー。
「プラクリーン」という名前の通りプラスチックレンズに使える洗浄液です。
ただ成分には「カチオン系活性剤・中性」としか書いてありません。
よくわからないのですがアルコールとは違うんですよね?

これがもし樹脂に対してダメージを与えていたら改めて報告しますwww



PFUのHappy Hacking Keyboard Professional2は3年前に購入して以来毎日酷使していますが、
当初から見た目も打鍵感もまったく変わっていません。
そろそろフレームが黄ばんでくるのではないかと思っているのにまだ白のままです。
さすがによく押されるキーは表面に少し光沢が見られるようになりました。
劣化した樹脂にありがちなベトベトやネトネトした感触は一切ありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

- マナビノギ 2016年--月--日 --:-- ID:manabinogi
...φ(・ω・`c⌒っ カキカキ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

    このページのトップヘ