マナビノギ

マビノギハァンタジーライフ

ワコムストア楽天市場店

あまり知られていないワコムの公式アウトレットストア・ワコムストア楽天市場店

アウトレットというと「中古品」を思い浮かべる人も多いと思います。
中古、つまり開封済みで誰かに使用された製品なのではないか、と。

実際にはワコムストアのアウトレットは「新古品」、俗にいう「型落ち品」で、
後継機の出たモデルが順次お値打ち価格で放出されていく形式になっていて、
店頭や倉庫をたらい回しにされたあげく在庫に残ってしまったために
外箱に傷や色あせがあるかもしれないが、新品・未開封という状態にあります。

最新のモデルに比べてかなり価格が抑えられていて、家電量販店はもちろん、
大手インターネットショップで購入するよりも安くなっている場合があります。
しかもメーカー直販なので保証やサポートもしっかりと受けられます。
液晶ペンタブレットCintiqは例外で、業務用製品の待遇そのものといった感じ。


さて、私の調べた限りではアウトレットで購入したPTH-651/K0には後継機K1があり、
特にハード的なスペックに違いはないのですが、付属品に違いがありました。
旧型にはダウンロード版のグラフィックソフトAdobe Photoshop Elements 11と
Autodesk Sketchbook Expressが付属されているのに、新型にはないようです。

もしかするとスペックに現れない素材や構造などが改良されているのかもしれませんが、
ソフトの有無以外のことは明らかではありません。
ワイヤレスで使用するための充電式リチウムイオン電池は新型に比べて製造日が古いため、
そこで物理的な性能や寿命の差が生まれる可能性はありますね。

(すぐにもっと新しいのが出る可能性も否めないが…)

また、楽天市場で買物をするのも初めてだったので、これを機に会員登録もしました。
そうそう、楽天といえばこおしんの使っているのが楽天BLOGじゃないですか!
何かと縁があるな…ホホ(`・ω・´)
取り扱い注意

ペンタブレットの外箱をさらにワコム公式の段ボール箱に入れられたもので届きました。
一方、蛍さんへはそのまま送り状を貼って送った

メーカー直販じゃないとこんなことになるwww


3~4日以内に出荷とあり、「年内には届かないだろうな」と思っていたら、翌日届きました。
「在庫なし」になっていても、数日で補充されることもあるのか、購入できるようになっていました。
売り切れていても根気強く待ってみてください。








箱の厚み

Smallとは箱の厚みが違うんですね。







箱の厚み2

この箱、どうやって開封するのかわからなかった人もいるようで……





wwwwwwwwwwwwww



Nope

ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww







底面

底面が透明なテープで留められているんですよ。
これを最初に切らないと箱を破るしかなくなるwwwww







Welcome

メッセージカード(?)として使えるWelcomeが顔を出します。







袋入り

Intuos Proが袋に入っています。
USBさえ接続すればこの状態でも操作できますが、
結露の恐れがあるのでちゃんと袋から出して使いましょう。







USB

USBケーブルとマニュアル、インストールディスク、ワイヤレスキット、バッテリー等の入った箱。
Windows 7以降なら初めて接続したときに自動的にドライバがダウンロードされます。
(されないこともあるらしい…条件は不明)






Intuos pro

Intuos Pro Small(左)とMedium(右)。







比較

タブレットの面積はとても大きいように見えますが……



実際の認識範囲

実際の認識範囲はこれだけです。
余白は無駄のように見えますが、手の乗る部分(パームレスト)として機能するため、
実はとても重要なんです。これがないと段差ができて手が浮きます。
パームレストを自前で用意する人にとっては邪魔ですが…。







裏面比較

Intuos Pro裏面の比較。

Sはワイヤレスキットとバッテリーの収納カバーが1つなのに対し、
Mはそれぞれ独立しています。







並べる

ファンクションキーの数に違いがあります。
Sは6個、Mは8個。







HHKBと

有線で接続して使用できる状態の写真。
HHKBなどのコンパクトキーボードが重宝する場面です。

ちなみにUSBは専用ではなく汎用のMini-Bタイプ。
これはIntuos 4に付属されていたストレートケーブルを使っています。



なぜMiniタイプなのか……けっこう問題視されています。

2000年にUSB2.0の端子として標準化されたものの、2007年にはMicroタイプが取って代わり、
耐久性やサイズ、製造コスト等で優れているのにもかかわらず、Miniタイプが採用されています。

ペンタブレット自体はパソコン周辺機器としては丈夫な部類であり、
壊すつもりで叩いたり、水や飲み物などをこぼしたりしない限りはまず故障しません。
しかしUSB端子はタブレット本体の寿命とは別に壊れやすく、一番神経を使います。

着脱式のケーブルは「断線」のトラブルには対応しやすくなりますが、
端子そのものの故障はどうにもなりません。
ケーブルが一体型だったIntuos 3のほうが、着脱式となった4以降よりも丈夫だった、
という例もあるほどです。

私の使ったものに関しては故障や不調は発生していませんが…。

ワコムが次に開発するペンタブレットはMicro USBになっているかもしれませんね。







あともう一つ壊れやすいのがグリップペン。



グリップペン

筆圧と傾きを感知するためのICチップが詰まったグリップペン。

Intuos 4には「太軸ラバーグリップ」が付属されていましたが、5以降は別売になりました。
この太いグリップは重心を安定させ、長時間の使用でも疲れにくいとされています。
使い込んでいるためグリップ表面はツルツルになってしまいましたが、硬化や断裂はなく、
適度な弾力性が維持されています。

グリップはともかく、ペン本体は高価で壊れやすく、また入手しにくいものなので注意が必要です。







ペンスタンドに立てる

使用しないときは必ず専用のペンスタンドに立てるか、



ペンスタンドに寝かせる

ペンスタンドに寝かせるようにしてください。(くぼみがついています)







空洞になっている

ペンスタンドは中が空洞で、ペンを立ててもペン先に負荷がかからないようになっています。

一般的な鉛筆立てや適当な筒状の容器にペンを入れると、
ペン先が接触して負荷がかかり、そのまま放置すると故障する可能性が高まります。
ペンの壊れる原因の多くがペン先への過負荷だと考えられます。

また、ペンは転がりやすいためデスクから床に落下させるなどするとあっという間に壊れ、
買い換えるしかなくなることも少なくありません。そもそも消耗品扱いなので保証の対象外です。

私の友達にも
ペンタブは持っているが、いざ使おうとしたら動かなかった
という人が多いため、保管や取り扱いにはくれぐれも気をつけてください。


ラバーグリップも軸もホコリが付着しやすく、床に転がすと汚くなります。
ホコリがタブレット上に落ちていると、そこをペンでなぞった際にガリガリと傷をつけることがあるため、
こまめに拭きとるかハケで払うといいでしょう。ハゲではありません。

ティッシュペーパーを使うと細い繊維が付着して余計に汚くなることがあります。
メガネ拭きのような柔らかい布や、液晶クリーナーのようなものを使うとよいでしょう。


グリップペンは代用できるものがなく、コンビニや駅の売店などで売っているものでもなく、
ペンタブレットを販売している量販店でも個別には取り扱っていないことが多いので、
くれぐれも大切に使用してください。1本6000円近くします。

グリップペンは1本ごとに固有のIDを持ち、複数のペンを1つのIntuos Proで使用できます。
芯ごとに使い分ける、ペンの筆圧やサイドスイッチの機能で使い分ける、といった
高度な業務にも対応できるような設計になっています。



パソコンで絵を描きたいがマウスでは難しい、
適当なカメラやスキャナーがない、
もっと直感的に操作をしたい、
という人にはペンタブレットがオススメですが、実際には用途が限定的になりやすく、
すぐにホコリをかぶる(放置されてしまう)ことにもなりやすい道具の一つです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

  1. 1こおしん2015年01月01日 18:18 ID:..EOVs1H0
    うちのブログの宣伝と、楽天をご利用頂き有り難う御座いますm(_ _)m(社員ではない

    折角の新興巨大日本企業、もっと企業体質を改善していってくれたら嬉しいな~・・・
  2. 2あすさん2015年01月01日 22:33 ID:T3enbGEk0
    >こおしんさん
    イェ━━━━━ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ━━━━━━イ!!
    日本の中から人材を育てて採用していけるといいですね…
    有能な人を外国から採ったり海外で展開したりするのはちょっと…
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

    このページのトップヘ